TOP > 技術シーズ検索 > 適応型テストシステムとその方法

適応型テストシステムとその方法

シーズコード S110005753
掲載日 2011年1月14日
研究者
  • 今井 新悟
技術名称 適応型テストシステムとその方法
技術概要 受験者に対して複数のレベルに分けて問題を出題し、解答の正答率又は誤答率によって前記レベルを昇移動・降移動させ、前記受験者の能力のレベルを判定するテストシステムである。予め問題22a、その問題22aに対する解答選択肢22b、及びその問題22aに対する正解23に関するデータをレベル毎に格納する。受験者が問題22aに対する解答の選択肢22bを入力する。問題22a、その問題22aに対する解答の選択肢22b、及び判定された受験者の能力のレベルを出力する出力部4と、パラメータ生成部9とプレースメント演算部11を備える解析部2とを有する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-198891.gif
研究分野
  • CAI
展開可能なシーズ 適応型テストを行う際のアイテムの数を小規模なものとしつつも、信頼性を損なわずに簡易に実施できる適応型テストシステムとその方法を提供する。
レベル数、レベル間の昇移動・降移動を決定する問題に対する解答選択肢の正答率又は誤答率、及び昇移動のレベル幅と降移動のレベル幅に関するデータを任意に設定可能である。受験者の能力のレベルの判定精度を任意に設定することができる。学生や社会人に対する語学や特定分野における知識やスキルなどに関するテスト、教育あるいは訓練に際し、潜在能力や習熟度などを判定するための適応型テストを実施するためのシステムとして、教育機関、企業、医療機関、あるいは行政機関などで利用することが可能である。
用途利用分野 学習者集団教育、プレースメントテスト、適応型テスト(アダプティブテスト)、項目応答理論、能力値推定計算
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人山口大学, . 今井 新悟, . 適応型テストシステムとその方法. 特開2008-026583. 2008-02-07
  • G09B  19/00     
  • G09B   5/12     
  • G09B   7/077    

PAGE TOP