TOP > 技術シーズ検索 > 血液細胞の力学的特性計測システム

血液細胞の力学的特性計測システム 新技術説明会

シーズコード S110005764
掲載日 2011年1月14日
研究者
  • 安田 利貴
技術名称 血液細胞の力学的特性計測システム 新技術説明会
技術概要 血液細胞に周期的なせん断応力負荷を加えることで血液細胞の力学的特性を計測する、血液細胞の力学的特性計測システムである。少なくとも一部が透明な第1平板1と、第1平板に対して隙間を隔てて平行に配置されている第2平板2とを備える。第1平板と第2平板との間の隙間に配置される、血液細胞を含む試料3を用意する。試料中の血液細胞に周期的なせん断応力負荷を加えるための、第1平板と第2平板の少なくとも一方を平行振動させる平板振動手段を有する。試料に光を照射する光照射手段4と、試料からの透過光、反射光又は散乱光を受光する受光手段5と、受光手段からの信号を解析して血液細胞の力学的特性を求める信号解析手段と、を有する。信号解析手段は、受光手段からの信号を周波数解析する手段を有しており、周波数解析によって得られた周波数情報と位相情報の少なくとも一方から血液細胞の力学的特性を求める。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-006090.gif
研究分野
  • 生体機能強度解析
展開可能なシーズ 高速度カメラや高粘度溶媒を用いなくても、血液細胞、特に赤血球の力学的特性を再現性よく、かつ、定量的に測定が可能な計測システム及び方法を提供する。
血液細胞を含む試料からの透過光、反射光又は散乱光を受光手段で受光し、受光信号を周波数解析して周波数情報や位相情報から血液細胞の力学的特性を計測しているので、カメラを用いる従来の計測システムに比べて血液細胞を高速で運動させることができる。したがって、粘度の低い溶媒中でも血液細胞に十分なせん断応力負荷を与えることができ、試料として血液そのものを用いることもできる。
用途利用分野 循環器系人工臓器、赤血球変形能機能改善薬、変形能計測装置、赤血球疲労破壊試験、回転粘度計、遊離ヘモグロビン計測
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人山口大学, . 安田 利貴, . 血液細胞の力学的特性計測システム. 特開2008-170390. 2008-07-24
  • G01N  33/49     
  • G01N  21/27     

PAGE TOP