TOP > 技術シーズ検索 > 光ファイバ照明装置

光ファイバ照明装置

シーズコード S110005788
掲載日 2011年7月22日
研究者
  • 廣田 秋彦
技術名称 光ファイバ照明装置
技術概要 準単色光ファイバ照明装置は、生体試料が対象であり、脳や心臓等における膜電位や細胞内外のイオン濃度等を指標として、生体機能を、試料上の非常に多数の測定点から光強度の微細な経時変化として光学的に測定する吸光測光装置用または蛍光測光装置用の照明装置であって、アーク光源201と、アーク光源201からの光を導光し試料へ照射する光ファイバ束202と、アーク光源光量の時間的な揺らぎを検出する揺らぎ検出部231と、試料由来の透過光強度または蛍光強度の変化量に比して試料上の測定点への入射光または励起光の変化量が無視できるほどに、揺らぎ検出部231により検出されたアーク光源201の揺らぎを補償する光量の光を試料に照射する補助光源と、を含む補償手段203と、を具備した。すなわち、個々の測定点における入射光または励起光の測定が事実上不可能な多点同時計測において高輝度光源を提供しつつ、測定点すべてにおいて入射光強度あるいは励起光強度をそれぞれ時間的に超安定化させることが可能となる。したがって、透過光強度または蛍光強度のみ測定することにより生体機能を解析することが可能となる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-063135.gif
研究分野
  • 光デバイス
  • 光電デバイス一般
展開可能なシーズ 試料由来の透過光強度または蛍光強度の変化量に比して試料上の測定点への入射光または励起光の変化量が無視できるほどに、光強度を超安定化させた高輝度の照明装置を提供する。
個々の測定点における入射光または励起光の測定が事実上不可能な多点同時計測において高輝度光源を提供しつつ、測定点すべてにおいて入射光強度あるいは励起光強度をそれぞれ時間的に超安定化させることが可能となる。したがって、透過光強度または蛍光強度のみ測定することにより生体機能を解析することが可能となる。
用途利用分野 照明装置、光ファイバ照明装置、高輝度照明装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人島根大学, . 廣田 秋彦, . 光ファイバ照明装置. 特開2008-224420. 2008-09-25
  • G01N  21/01     
  • G01N  21/27     
  • G01N  21/64     

PAGE TOP