TOP > 技術シーズ検索 > 電界放射陰極およびそれを用いる電磁波発生装置

電界放射陰極およびそれを用いる電磁波発生装置

シーズコード S012000179
掲載日 2002年1月29日
研究者
  • 横尾 邦義
研究者所属機関
  • 東北大学 電気通信研究所
研究機関
  • 東北大学 電気通信研究所
技術名称 電界放射陰極およびそれを用いる電磁波発生装置
技術概要 本技術は、電界放射陰極とそのアレイ状構造の陰極チップをマイクロ波、ミリ波帯で動作するトランジスタのコレクタとして用いること、及び上記陰極チップにガン効果を発生する材料を用いることにより、これら周波数で変調された電子ビームを発生しようとするものである。また、これら変調電子ビームと進行波管、クライストロンなどのマイクロ波管に使用されている周期構造回路、空胴共振器などの高周波回路と結合させるものである。これにより、小型の装置でマイクロ波、ミリ波帯域の高出力の電磁波を広帯域にわたって高効率で発生できる。加えて、構成が簡単で小型化できるもので、半導体デバイスの製造技術を転用、利用することにより高精度の製造が可能となる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S012000179_01SUM.gif S012000179_02SUM.gif
従来技術、競合技術の概要 電子ビームデバイスは高出力、高効率であるが、発生する電磁波の波長が短くなると、デバイスを構成する回路構造が小さくなること、電子ビームの変調が困難になること、デバイスの規模が大きくなるという欠点がある。そして半導体デバイスでは、半導体中での、電子の走行速度が遅いため、ミリ波帯以下の実用的な電磁波発生装置は未だ開発されていない。
研究分野
  • 熱電子放出,電界放出
  • 電磁気学一般
展開可能なシーズ (1)電界放射陰極
用途利用分野 通信、レーダー技術
マイクロ波、ミリ波帯変調、復調
ミリ波イメージング
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人東北大学, . 横尾 邦義, 三村 秀典, . 電界放射陰極およびそれを用いる電磁波発生装置. 特開2000-243219. 2000-09-08
  • H01J   1/304    
  • H01J  23/04     

PAGE TOP