TOP > 技術シーズ検索 > アルコール飲料の品質評価方法

アルコール飲料の品質評価方法

シーズコード S110005837
掲載日 2011年9月30日
研究者
  • 高 義礼
  • 藤原 修
技術名称 アルコール飲料の品質評価方法
技術概要 ワインを対象として、複素比誘電率を広帯域で測定し,そのCole-Coleプロットからアルコール濃度測定と品質の定量評価を行う。ワインの電気定数測定には、ネットワークアナライザと付属の開放終端同軸プローブ(誘電体プローブ)を用いる。ガラス容器に測定試料として21℃の赤ワインを入れ,誘電体プローブの端面を液体試料に浸すことで入射正弦波に対する反射波から複素比誘電率の周波数特性を10MHz乃至6GHzに亘って測定した。測定結果はCole-Coleプロット(複素比誘電率の実部をX軸,虚部をY軸としてプロット)として表示し,試料の特性比較を行った。なお,参考データとしてエタノールと蒸留水のCole-Coleプロットも測定した。エタノールと蒸留水は半円型のデバイ分散特性を示しているのに対して,ワインは半円の一部から直線的に急上昇していることがわかった。これは,ワインが直流の導電性をもつことによる。なお,ワインの半円は種類によらずほとんど同じであったが,極小点と直線部分はワインによって異なっていることが確認できた。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-062276.gif
研究分野
  • 分子の電気的・磁気的性質
展開可能なシーズ 従来の技術では、アルコール飲料そのものの測定からエタノール濃度を測定できないこと,およびエタノールアルコール濃度とアルコール飲料の品質に関する定量測定を同時には行えないという問題点を有していた。そこで、アルコール飲料そのものからアルコール濃度および品質に関する定量的データを一挙に測定可能なアルコール飲料の品質評価方法を提供する。
従来,アルコール飲料のエタノール分(いわゆるアルコール濃度)と品質に関しては同一測定項目で評価できなかった。本発明を用いれば,アルコール飲料そのものに対する複素比誘電率のCole-Coleプロットから,これらを一挙に測定できる。
用途利用分野 アルコール飲料品質評価装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 名古屋工業大学, . 高 義礼, 藤原 修, . アルコール飲料の品質評価方法. 特開2008-224387. 2008-09-25
  • G01N  27/22     
  • G01N  33/14     

PAGE TOP