TOP > 技術シーズ検索 > 硬度及び湿潤度識別装置

硬度及び湿潤度識別装置

シーズコード S110005844
掲載日 2011年10月3日
研究者
  • 木本 晃
  • 信太 克規
  • 一ノ瀬 雄志
技術名称 硬度及び湿潤度識別装置
技術概要 硬度及び湿潤度識別装置は、第1及び第2の金属電極11、12間にセラミック13を介装し、この第2の金属電極12を接地して形成する。そして、第1の金属電極11を測定試料100に接触・離反及び押圧させて第1及び第2の金属電極11、12間に生じる電圧を検出する電圧検出部1と、この電圧検出部1を測定試料100に対して接触・離反及び押圧させる動作を駆動する動作駆動装置6と、この接触・離反及び押圧の際に検出される各検出電圧に基づいて電圧の波形(以下、「検出電圧波形」という。)を検出する電圧波形検出部2と、この検出電圧波形から検出電圧の最大電圧値を検出する最大電圧検出部3と、この検出電圧波形における最大電圧値Vmaxの1/10の電圧値から最大電圧値に至る時間(以下「電圧立上がり時間」という。)を検出する電圧立上がり時間検出部4と、この検出された各最大電圧値及び電圧立上がり時間が複数の測定試料100について予め得られた各測定試料毎の硬度及び湿潤度に関する基準試料データに適合するか否かにより前記複数の測定試料100の硬度及び湿潤度を判別する硬度及び湿潤度判別部5とを備える。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-042928.gif
研究分野
  • 固体デバイス
展開可能なシーズ 簡易な構成で測定試料の硬度及び湿潤度を単に接触・離反及び押圧するのみで確実且つ迅速に識別する硬度及び湿潤度識別装置を提供する。
測定試料に接触・離反及び押圧する際に生じる各電圧波形により区別できることとなり、簡易な構成で測定試料の材質を単に接触・離反及び押圧するのみで確実且つ迅速に識別することができる。また、硬度及び湿潤度判別手段が測定試料に対する電圧検出手段による接触・離反及び押圧する際に生じる静電気による電圧及び圧電効果による電圧の各電圧波形により区別できることとなり、簡易な構成で測定試料の材質を単に接触・離反及び押圧するのみで確実且つ迅速に識別することができる。
用途利用分野 硬度識別装置、湿潤度識別装置、硬度及び湿潤度識別装置、触覚センサ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人佐賀大学, . 木本 晃, 信太 克規, 一ノ瀬 雄志, . 硬度及び湿潤度識別装置. 特開2008-203220. 2008-09-04
  • G01N   3/40     
  • G01N  19/10     

PAGE TOP