TOP > 技術シーズ検索 > シリカ粒子を含有する放射線感光性色素組成物の10Gy以下の低線量の放射線の測定への使用

シリカ粒子を含有する放射線感光性色素組成物の10Gy以下の低線量の放射線の測定への使用

シーズコード S110005874
掲載日 2011年10月3日
研究者
  • 三好 弘一
技術名称 シリカ粒子を含有する放射線感光性色素組成物の10Gy以下の低線量の放射線の測定への使用
技術概要 放射線により変色するシリカ粒子を含有する放射線感光性色素組成物の10Gy以下の低線量の放射線の測定への使用についてであり、(A)キシレノールオレンジ分子をシリカ粒子内に内包した物質の水溶液と硫酸アンモニウム鉄(II)溶液とゼラチンの混合物(B)シリカ粒子と塩化金酸カリウムの混合水溶液(C)シリカ粒子と塩化金酸カリウムとイソプロパノールとゼラチンの混合物(D)キシレノールオレンジ分子をシリカ粒子内に内包した物質の水溶液と硫酸アンモニウム鉄(II)溶液との混合物からなる群より選ばれる放射線により変色するシリカ粒子を含有する放射線感光性色素組成物の低線量の放射線の測定への使用についてである。例えば、Fe2+/キシレノールオレンジ/SiO試薬水溶液に、室温でγ線約10Gy照(60-Coγ線照射装置で30分間照射)することにより水溶液中のFe2+が酸化されて生成したFe3+がキシレノールオレンジに配位したと思われる黄色から紫色への色変化が観測された。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-190421.gif
研究分野
  • ガンマ線との相互作用
展開可能なシーズ 新規な色素組成物の用途を提供する。また、X線、β線、γ線、中性子線等の放射線により変色する、特に被曝が10Gy以下の低線量でも簡単に変色するシリカ粒子を含有する放射線感光性色素組成物、および低線量放射線着色性物質(Enhanced Radiochromic Materials)の10Gy以下の低線量の放射線の測定への使用を提供する。
新規な「混合した色素」の用途(低線量の放射線の測定への使用)を提供することができる。また、X線、β線、γ線、中性子等の放射線による被曝により簡単に変色する、特に被曝が低線量でも簡単に変色するシリカ粒子を含有する放射線感光性色素組成物、および放射線着色性物質(Enhanced Radiochromic Materials)の用途(10Gy以下の低線量の放射線の測定への使用)を提供することができる。
用途利用分野 線量計、放射線測定装置、低線量放射線測定装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 株式会社テクノネットワーク四国, 四国電力株式会社, . 三好 弘一, . シリカ粒子を含有する放射線感光性色素組成物の10Gy以下の低線量の放射線の測定への使用. 特開2006-010589. 2006-01-12
  • G01T   1/04     
  • C09K   3/00     
  • G01T   1/02     

PAGE TOP