TOP > 技術シーズ検索 > 網膜新生血管に対する薬物効果の新規評価システム

網膜新生血管に対する薬物効果の新規評価システム

シーズコード S110005889
掲載日 2011年10月4日
研究者
  • 村上 智昭
  • 吉村 長久
技術名称 網膜新生血管に対する薬物効果の新規評価システム
技術概要 血管形成誘導作用を有する因子の存在下で、網膜及びそれに付着した硝子体を含み、かつ網膜から硝子体中に伸展している管状新生血管を有し、房状新生血管を有しない培養組織を培養することであって、血管新生の評価のモデル系として使用することができる。血管新生の評価のモデル系が、増殖性糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、加齢黄斑変性症、糖尿病黄斑浮腫及び癌における血管新生の評価のモデル系である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-360983.gif
研究分野
  • バイオアッセイ
展開可能なシーズ 血管形成誘導作用を有する因子の存在下で網膜及びそれに付着した硝子体を含み、かつ網膜から硝子体中に伸展している管状新生血管を有する培養組織を使用することによる増殖性糖尿病網膜症の病態モデルを提供する。
網膜培養物は、例えば、増殖性糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、加齢黄斑変性症、糖尿病黄斑浮腫及び癌等の疾患における血管新生の評価のモデル系として、並びに網膜及び/又は硝子体における血管新生を伴う疾患、並びに網膜における血管退縮を伴う疾患の予防・治療に有用な薬物のスクリーニングに使用することができる。
用途利用分野 モデル組織 病態モデル 増殖性糖尿病網膜症薬スクリーニング法
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人京都大学, . 村上 智昭, 吉村 長久, . 網膜新生血管に対する薬物効果の新規評価システム. 特開2007-159492. 2007-06-28
  • C12N   5/071    
  • C12Q   1/02     

PAGE TOP