TOP > 技術シーズ検索 > 肺サルコイドーシスおよび眼サルコイドーシスの検出マーカー及び検出キット

肺サルコイドーシスおよび眼サルコイドーシスの検出マーカー及び検出キット

シーズコード S110005909
掲載日 2011年10月5日
研究者
  • 黒須 克志
  • 滝口 裕一
  • 岡田 理
  • 栗山 喬之
技術名称 肺サルコイドーシスおよび眼サルコイドーシスの検出マーカー及び検出キット
技術概要 T細胞Vβ鎖は25種類のサブファミリーから構成されているため、まずそれぞれのサブファミリーに特異的なプライマーを作成した。そして肺サルコイドーシス20症例に対しBALを行い、そのBALを抽出した。そしてこのBAL液からDyna beadsを用いてCD4陽性T細胞の分離、totalRNAの抽出、RT-PCR法によるT細胞のVβ鎖可変部領域の増幅を行い、更にこのPCR産物を2%アガロースで泳動しエチジウムブロマイドによる染色では、ごく一部のVβ鎖サブグループのみが発現していた。SEREX法では、II型肺胞上皮癌培養株からmRNAを抽出し、cDNAライブラリーを作成後、得られたcDNAライブラリーを蛋白発現ベクター(ZAP発現ベクター)に組み込み作成したファージを大腸菌に感染させ、c-DNAのコードする蛋白を大腸菌に発現させた。そしてcolony hybridization法によって、肺サルコイドーシスの血清およびBAL液中の免疫グロブリンと結合するプラークを選別し、陽性ファージをファジェミドベクターに変換後、シークエンスによって特異的蛋白の塩基配列を決定した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-115173_1.gif thum_2005-115173_2.gif thum_2005-115173_3.gif
研究分野
  • 呼吸器の診断
展開可能なシーズ 肺サルコイドーシスおよび眼サルコイドーシスを検出するための検出マーカー及び検出キットを提供する。
肺サルコイドーシスおよび眼サルコイドーシスを検出するための検出マーカー及び検出キットを提供することができるようになる。特に、今回我々の発見した15種類の自己抗体は既存には報告されておらず、サルコイドーシス以外の症例ではほとんどの自己抗体は検出されず、診断検査としての利用価値が高い。治療前後のBAL液または経時的に採取した血清による連続的な疾患特異的自己抗体の解析が可能となる。とりわけ、His-tag標識自己抗原蛋白を用いた自己抗体の測定は、病勢フォローやステロイドなどの治療効果判定に最適な検査法となる。
用途利用分野 肺サルコイドーシスの検出マーカー、肺サルコイドーシスの検出キット、眼サルコイドーシスの検出マーカー、眼サルコイドーシスの検出キット
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 千葉大学, . 黒須 克志, 滝口 裕一, 岡田 理, 栗山 喬之, . 肺サルコイドーシスおよび眼サルコイドーシスの検出マーカー及び検出キット. 特開2006-292595. 2006-10-26
  • G01N  33/53     

PAGE TOP