TOP > 技術シーズ検索 > 生ゴミをリサイクルする方法

生ゴミをリサイクルする方法

シーズコード S110005940
掲載日 2011年10月5日
研究者
  • 白井 義人
技術名称 生ゴミをリサイクルする方法
技術概要 図1に示すポリ乳酸を介する生ゴミのリサイクル方法において、(1)生ゴミをポリ乳酸袋に収容する工程と、2)前記工程1でポリ乳酸袋に収容した生ゴミを回収する工程と、(3)前記工程2で回収した生ゴミとポリ乳酸袋を殺菌状態にした後に乳酸発酵に供し、乳酸を得る工程であって、前記滅菌状態が、前記ポリ乳酸袋に収容された生ゴミとアルカリ性溶液との混合物を得ることにより創製されるものであり、前記アルカリ性溶液に含有されるアルカリの量が、前記生ゴミを滅菌状態にするために充分であり、かつ生成する乳酸量に対して等モル以下である工程と、(4)前記工程3で得た乳酸からポリ乳酸袋を製造する工程と、(5)前記工程4で製造したポリ乳酸袋に生ゴミを収容する工程とを具備することにより、前記工程1に戻ることを特徴とする生ゴミをリサイクルする方法である。前記アルカリ性溶液が、アンモニア、アルカリ金属又はアルカリ土類金属の水酸化物、及び炭酸のアルカリ金属又はアルカリ土類金属塩からなる群から選択されるアルカリ性化合物の水溶液であることを特徴とする生ゴミをリサイクルする方法である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-381840.GIF
研究分野
  • ごみ処理
展開可能なシーズ 生ゴミをポリ乳酸袋に収容し、これを回収し、回収した生ゴミを乳酸発酵に供することにより乳酸を得、この乳酸を用いてポリ乳酸袋を製造し、このポリ乳酸袋に生ゴミを収容することにより、生ゴミをリサイクルする方法を提供する。
ゴミの焼却によるダイオキシンの発生を初めとして、ゴミによる環境破壊を伴うことなく生ゴミを処理できかつポリ乳酸の原料である乳酸を得ることができる。
用途利用分野 生ゴミ、乳酸、ポリ乳酸、ポリ乳酸袋
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人九州工業大学, . 白井 義人, . 生ゴミをリサイクルする方法. 特開2003-260450. 2003-09-16
  • B09B   3/00     
  • B65F   1/00     

PAGE TOP