TOP > 技術シーズ検索 > 耐食性に優れたマグネシウム材

耐食性に優れたマグネシウム材

シーズコード S110005941
掲載日 2011年10月5日
研究者
  • 西尾 一政
  • 内林 哲夫
技術名称 耐食性に優れたマグネシウム材
技術概要 マグネシウム又はマグネシウム基合金表面1に錫又は錫基合金を溶射し50μm以上の、好ましくは100μmの厚さの溶着層2を形成する。合金の予熱温度は200℃程度にする。さらに、この溶着層2を下地層として耐磨耗性金属材料又は各種耐磨耗性炭化物、酸化物、サーメットの溶射による密着塗膜層3を形成させる事で耐食性、耐摩耗性に優れた製品を完成させる事ができる。耐摩耗性金属には鉄系合金、銅・銅合金、バビットメタル、アルミニウム・アルミニウム合金、モリブデン、ニッケル・ニッケル合金、コバルト・コバルト合金といった金属が好ましい。製品に色彩・光沢等の意匠性を付与する塗料としては有色または透明のアクリル樹脂、ポリウレタン樹脂等の樹脂系塗料、光触媒として機能する酸化チタン含有無機系塗料を用いる事ができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-172850.gif
研究分野
  • 溶射
展開可能なシーズ 環境汚染の原因を全く伴わない製造プロセスにより耐食性、耐摩耗性に優れさらに意匠性にも優れた皮膜を有するマグネシウムまたはマグネシウム基合金材料を提供する。
基合金材料表面に形成した錫又は錫基合金の溶着層に耐摩耗性材料、塗料等を適切に選択し組み合わせて耐食性、耐摩耗性、意匠性に優れたマグネシウム製品の製造が可能で、これらの大型構造物への適用が可能である。さらに、乾式プロセスを採用する事からめっき浴やめっき下地処理に用いるクロム酸、弗酸といった環境汚染原因を使用する事が全くない。
用途利用分野 軽量ロボット、機械構造部材、大型構造材
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人九州工業大学, . 西尾 一政, 内林 哲夫, . 耐食性に優れたマグネシウム材. 特開2005-350730. 2005-12-22
  • C23C   4/08     
  • C23C   4/06     

PAGE TOP