TOP > 技術シーズ検索 > エアフィルタ

エアフィルタ

シーズコード S110006014
掲載日 2011年11月2日
研究者
  • 長澤 武
技術名称 エアフィルタ
技術概要 フィルタ部2と電源部3とを有している構成である。フィルタ部2は、第1の電極4と第2の電極6とでプレート5を挟んで成り、第1の電極4と第2の電極6とは接触することなく対向している。第1の電極4および第2の電極6は、たとえば銅製の針金を格子状に編んだもので、格子のメッシュは162[メッシュ/インチ]程度である。第1の電極4および第2の電極6の材質は、銅のほか、金や銀などのイオンによる殺菌作用のある金属を用いることができる。プレート5は、絶縁物から成り、全面に貫通孔5aが設けられ、プレート5の厚さDはたとえば0.1mmである。このプレート5としては、基板やゴム板や布などの絶縁物を用いる。電源部3は、たとえば1.5Vの乾電池3cを内蔵し、スイッチ3dを介してこれを昇圧装置3eによって300[V]に昇圧して出力する。昇圧装置3eとしてはたとえばイグナイターを用いることができる。昇圧装置3eによって300[V]に昇圧した出力電圧は端子3b、3aを介して第1の電極4と第2の電極6との間に印加される。ただし、この印加電圧は、第1の電極4と第2の電極6との間で放電を生じない程度の電圧である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-345317_1.gif thum_2006-345317_2.GIF thum_2006-345317_3.GIF
研究分野
  • 排ガス処理法
  • 集塵
  • 空気浄化
展開可能なシーズ 濾材に留保した空気中の細菌などの生物である不要物の殺菌にプラズマや放電等を用いることなく高電圧を不要とし、感電の危険性、オゾンの発生による人体への悪影響等を発生させない空気清浄手段を提供する。
強電界および銅などのイオンによる2つの殺菌作用を重畳させることができ、電力消費がほとんどなく、電流が微量であるため、人体に安全であり、また、軽量で簡単な構成であり、装置の製作が簡単で、材料費が安く、制作費が安価で済む。また、電源として1.5Vの乾電池などを用いることができ、携帯可能なサイズを実現でき、人間用のマスクとして利用し、ウィルス(インフルエンザウィルス、鳥インフルエンザウイルス、SARSウイルス等を含む)、各種細菌等の殺菌、花粉除去用などとして用いることができる。さらに、O-157、レジオネラ菌、ブドウ菌、連鎖球菌、かび等の多くの種類の菌も殺菌することができ、広い用途に用いることができる。また、構成体である電極やプレートはいずれも可撓性を有し、任意の形状を成すことができるので、設置場所に応じて様々な形状にすることができる。
用途利用分野 空気清浄装置、エアコン、掃除機、送風機、衛生マスク
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人宇都宮大学, . 長澤 武, . 殺菌方法. 特開2008-154705. 2008-07-10
  • A61L   9/16     

PAGE TOP