TOP > 技術シーズ検索 > 抗テロメレース剤または抗腫瘍剤

抗テロメレース剤または抗腫瘍剤

シーズコード S110006023
掲載日 2011年11月2日
研究者
  • 三浦 典正
技術名称 抗テロメレース剤または抗腫瘍剤
技術概要 一般式(I)または一般式(II)で示すアポモルフィン骨格を有する複素環化合物またはその塩を含む抗腫瘍剤である。生薬に注目した理由は、すなわち、一般の抗腫瘍薬は、図左に示すように、その癌抑制作用から、細胞増殖に影響するようなものがほとんどで、正常細胞にも短期に効果が出る。そのため、一般の抗腫瘍剤は、副作用が激しく、長い歴史的な経過の中で、生薬の成分としてはドロップしてきたと考えられる。しかし、抗テロメレース成分であれば、図右に示すように、正常細胞に対する副作用が比較的マイルドであるため、一般の生薬中に存在していると考えたためである。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-282014_1.GIF thum_2006-282014_2.GIF
研究分野
  • 生薬の臨床への応用
展開可能なシーズ 漢方薬・生薬の成分由来である抗腫瘍性の成分を提供し、また、漢方薬・生薬の成分の類縁体である抗腫瘍性の成分を提供する。
抗テロメレース剤は、特定のアポモルフィン骨格を有する複素環化合物またはその塩を含むか、あるいは特定の天然物から熱水抽出またはエーテル抽出される成分を含むため、優れたテロメレース抑制作用を示す。
用途利用分野 抗テロメレース剤、抗腫瘍剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人鳥取大学, . 三浦 典正, . 抗テロメレース剤または抗腫瘍剤. 特開2008-094815. 2008-04-24
  • A61K  31/435    
  • A61K  31/4355   
  • A61P  35/00     
  • A61K  36/18     
  • A61P  43/00     

PAGE TOP