TOP > 技術シーズ検索 > リング共振器とブラッググレーティングを用いた光波長検波型物理量計測センサを有する計測システム

リング共振器とブラッググレーティングを用いた光波長検波型物理量計測センサを有する計測システム

シーズコード S110006025
掲載日 2011年11月2日
研究者
  • 佐野 安一
技術名称 リング共振器とブラッググレーティングを用いた光波長検波型物理量計測センサを有する計測システム
技術概要 分布型温度計測システムは、広帯域光源3から出射した光はSMF、光方向性結合器4を経てSMFに入射する。このSMFにはセンサが1個あるいは複数直列に接続されている。センサに入射した広帯域光は線スペクトルになって反射され光方向性結合器4経由ファブリペロー型干渉計からなる波長検波器1に入射する。入射した光の波長はこの検波器で波長が計測される。それぞれのセンサはそれぞれのセンサに与えられる温度の変化によって反射波長が変化する。したがってそれぞれのセンサの反射波長を波長検波器1で検波することにより各センサでの温度を測定できる。分布型歪計測システムは、広帯域光源3からの光を光方向性結合器4(サーキュレータでもよい)に入射させ光方向性結合器4あるいはサーキュレータからの出射光を光ファイバ5あるいは光導波路から成る光信号伝送ライン経由、複数のセンサを光信号伝送ラインを用いて直列に接続した直列回路に導きこれらの複数のセンサからの反射光は逆の経路をたどって光方向性結合器4あるいはサーキュレータ経由波長検波器1に導かれる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-288631_1.gif thum_2006-288631_2.gif
研究分野
  • 計測機器一般
展開可能なシーズ リング共振器とFBG(ファイバーブラッググレーティング)または導波路にブラッググレーティングを描画した素子からセンサを構成した光波長検波型物理量計測センサを提供する。
確実にFBGの反射波長領域内にリング共振器の線スペクトル1個だけが存在することとなり、櫛型繰り返しスペクトル特性をもったものどうしを組み合わせた場合に発生するような大きな測定誤差は発生しなくなる。
用途利用分野 分布型温度計測システム、分布型歪計測システム、光波長検波型物理量計測センサ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人国立高等専門学校機構, . 佐野 安一, . リング共振器とブラッググレーティングを用いた光波長検波型物理量計測センサを有する計測システム. 特開2008-107141. 2008-05-08
  • G01K  11/12     
  • G01B  11/16     

PAGE TOP