TOP > 技術シーズ検索 > 窒化アルミニウム粉末の処理方法及び窒化アルミニウム

窒化アルミニウム粉末の処理方法及び窒化アルミニウム

シーズコード S110006085
掲載日 2011年11月4日
研究者
  • 清宮 義博
  • 大塚 寛治
  • 水野 愛
技術名称 窒化アルミニウム粉末の処理方法及び窒化アルミニウム
技術概要 窒化アルミニウム粉末を、酸素含有雰囲気下で熱処理することにより、窒化アルミニウム粉末の表面に酸化アルミニウム層または酸窒化アルミニウム層を形成する工程を有する。酸化アルミニウム層または酸窒化アルミニウム層を形成する工程の前に、アルミニウムを窒素雰囲気下で熱処理することにより、前記アルミニウムと窒素を反応させて前記窒化アルミニウム粉末を製造する工程を備えていてもよい。この場合、前記酸化アルミニウム層または酸窒化アルミニウム層を形成する工程は、前記窒化アルミニウム粉末を製造した後に、前記窒化アルミニウム粉末を室温まで冷却せずに酸素雰囲気下に置くことにより前記酸化アルミニウム層または酸窒化アルミニウム層を形成する工程であるのが好ましい。図は、実施形態に係る窒化アルミニウム粉末の処理方法に用いられるシリコンカーバイト抵抗炉の構成図である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-083720.gif
研究分野
  • 無機工業薬品,無機材料一般
展開可能なシーズ 窒化アルミニウムは金属や有機物に対する濡れ性が低い。このため、窒化アルミニウムの粉末を溶融金属や液状の有機物と混合しようとしても、うまく混合できなかった。そこで、窒化アルミニウムの粉末と溶融金属又は液状の有機物との濡れ性を改善することができる窒化アルミニウム粉末の処理方法及び窒化アルミニウムを提供する。
表面に酸化アルミニウム層または酸窒化アルミニウム層が形成された粉末状の窒化アルミニウムが提供される。酸化アルミニウム層又は酸窒化アルミニウム層は金属や有機物に対して濡れ性が高いため、窒化アルミニウムの粉末と溶融金属又は液状の有機物との濡れ性を改善することができる。
用途利用分野 窒化アルミニウム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) タマティーエルオー株式会社, . 清宮 義博, 大塚 寛治, 水野 愛, . 窒化アルミニウム粉末の処理方法. 特開2009-234862. 2009-10-15
  • C01B  21/072    

PAGE TOP