TOP > 技術シーズ検索 > 刺激応答計測システム及び刺激応答計測方法

刺激応答計測システム及び刺激応答計測方法

シーズコード S110006209
掲載日 2011年11月14日
研究者
  • 口岩 聡
  • 口岩 俊子
  • 村上 理
技術名称 刺激応答計測システム及び刺激応答計測方法
技術概要 刺激応答計測システム100は、動物刺激・刺激応答検出装置10と、刺激制御装置20と、アナログ/デジタル変換器(A/Dコンバータ)を内蔵した計測・指令装置30と、表示装置40と、操作入力装置50を有して構成されている。被計測対象動物200に対して刺激棒13で刺激を与え、被計測対象動物200が刺激棒13に対して起こした行動に基づく当該刺激棒13に加えられた荷重(力)を荷重センサー14で検出し、この荷重センサー14で検出した荷重(力)に基づいて、被計測対象動物200の刺激棒13による刺激に対する応答量を計測・指令装置30で計測するようにする。これにより、被計測対象動物200の鬱状態を定量的に評価することが可能となる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-117452.gif
研究分野
  • 動物の診療・診療設備
展開可能なシーズ 動物の行動を解析する方法としてモデルとなる動物の撮影を行い、撮影した時系列の映像データを用いて、動物の行動を解析する方法が提案されている。しかしこの方法は、単に動物の行動を観察し、解析するものであった。そこで、動物の鬱状態の定量的な評価方法として、実現する被計測対象動物に対して軽い接触刺激等の機械的刺激(機械刺激)を与え、その刺激に対する応答行動を計測する刺激応答計測システム及び刺激応答計測方法を提供する。
被計測対象動物の鬱状態を定量的に評価することができる。
用途利用分野 刺激応答計測システム、刺激応答計測機
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 鹿児島大学, . 口岩 聡, 口岩 俊子, 村上 理, . 刺激応答計測システム及び刺激応答計測方法. 特開2009-261365. 2009-11-12
  • A01K  67/00     

PAGE TOP