TOP > 技術シーズ検索 > イソニトリル化合物および水中付着生物防汚剤

イソニトリル化合物および水中付着生物防汚剤

シーズコード S110006219
掲載日 2011年11月14日
研究者
  • 北野 克和
  • 野方 靖行
  • 坂口 勇
  • 塩野 万蔵
技術名称 イソニトリル化合物および水中付着生物防汚剤
技術概要 一般式(1)で表されるイソニトリル化合物およびイソニトリル化合物を含有する水中付着生物防汚剤である。式中、RはCHX基(Xは水酸基、ハロゲン原子、イソシアノ基、アミノ基、置換アミノ基または置換基を有していてもよい、アルコキシ基、アルケニルオキシ基、アシルオキシル基、有機スルホニルオキシ基、有機スルフェニル基、有機スルフィニル基、有機スルホニル基、アミド基もしくはイミド基を示す)またはCOOR基(Rは置換基を有していてもよい、アルキル基、アルケニル基またはアラルキル基を示す)を示し、各RおよびRはそれぞれ独立してアルキル基を示す。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-537815.gif
研究分野
  • 有機化学工業一般
展開可能なシーズ 魚介類および人体に安全性が高く、かつ低コストで容易に製造可能な水中付着生物防汚剤を提供する。
この水中付着生物防汚剤は、水中付着生物に対する忌避効果に優れると同時に海洋生物への安全性が高いため、環境保全の観点からも極めて高い価値を有し、また安価な原料から容易に製造することができるため、低コストで提供することが可能である。
用途利用分野 水中付着生物防汚剤、イソニトリル化合物試薬
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人東京農工大学, 財団法人電力中央研究所, . 北野 克和, 野方 靖行, 坂口 勇, 塩野 万蔵, . イソニトリル化合物および水中付着生物防汚剤. . 2008-05-15
  • C07C 291/10     
  • C07C 309/73     
  • C07C 317/04     
  • C07C 321/14     
  • A01N  47/40     
  • A01P  17/00     
  • C07D 209/48     

PAGE TOP