TOP > 技術シーズ検索 > MRI用造影剤

MRI用造影剤

シーズコード S110006274
掲載日 2011年11月16日
研究者
  • 片山 佳樹
  • 下川 宏明
  • 山本 竜広
技術名称 MRI用造影剤
技術概要 式(VII)で表わされる化学構造から成るMRI用造影剤である。不対電子を有する原子および/または分子を含みMRI信号を上昇または低下させる造影ユニットに、血管内皮剥離部位を選択的に認識し該部位に結合する検知ユニットが結合されているMRI用造影剤である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-502822.gif
研究分野
  • 医学的検査一般
展開可能なシーズ 従来より使用されているMRI用血管内投与造影剤は、血管内腔の狭窄の度合を観測することにより血管病の診断や治療の判断材料としていたものであり、血管の内皮剥離部位(病変部位)を直接的に検知するものではなかった。そこで、血管の内皮剥離部位を直接的に検知して造影することができ、調製が容易で使用コストの低廉な新しいMRI用造影剤を提供する。
検知ユニットが血管の内皮剥離部位(病変部位)を選択的に認識して該部位に結合するとともに、その造影ユニットがこれをMRI信号(シグナル)として造影することができる。血管内皮剥離部位特異的な造影剤として、血管病の診断および治療に際して、より確実な情報を与えることができる。循環器系疾患の早期診断および早期治療を可能にする。
用途利用分野 MRI造影剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人九州大学, . 片山 佳樹, 下川 宏明, 山本 竜広, . MRI用造影剤. . 2006-06-01
  • A61K  49/00     

PAGE TOP