TOP > 技術シーズ検索 > 変異バチルス属細菌

変異バチルス属細菌

シーズコード S110006333
掲載日 2011年11月17日
研究者
  • 河村 富士夫
  • 七宮 英晃
  • 劉 生浩
  • 荒 勝俊
技術名称 変異バチルス属細菌
技術概要 新規な変異バチルス属細菌、及びこの変異バチルス属細菌を用いたタンパク質又はポリペプチドの製造方法である。すなわち、枯草菌リボソームタンパク質遺伝子rpmB、rpmF及びrpmJならびにそれらの遺伝子に相当するリボソームタンパク質遺伝子から選択される遺伝子のいずれか1以上が欠失又は不活性化されている変異バチルス属細菌、およびこの変異バチルス属細菌に目的タンパク質又はポリペプチドをコードする遺伝子が発現可能に導入された組換えバチルス属細菌である。目的タンパク質又はポリペプチドをコードする遺伝子の上流に転写開始制御領域、翻訳開始制御領域及び分泌シグナル領域から選ばれる1以上の領域が作動可能に結合された組換えバチルス属細菌、特に転写開始制御領域、翻訳開始制御領域及び分泌シグナル領域からなる3領域が作動可能に結合された組換えバチルス属細菌が好ましい。この組換えバチルス属細菌を用いたタンパク質又はポリペプチドの製造方法を含む。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-195857.gif
研究分野
  • 生物学的機能
展開可能なシーズ タンパク質又はポリペプチドの生産性に優れた変異バチルス属細菌、及び変異バチルス属細菌を用いたタンパク質又はポリペプチドの製造方法を提供する。
各種タンパク質又はポリペプチドの生産性に優れた変異バチルス属細菌が提供される。この変異株を用いることによって、各種酵素等のタンパク質又はポリペプチドを効率よく生産することが可能となる。
用途利用分野 変異バチルス属細菌、酵素
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 花王株式会社, 学校法人立教学院, . 河村 富士夫, 七宮 英晃, 劉 生浩, 荒 勝俊, . 変異バチルス属細菌. 特開2011-045281. 2011-03-10
  • C12N   1/21     
  • C12N  15/09     
  • C12P  21/02     
  • C12R   1/125    

PAGE TOP