TOP > 技術シーズ検索 > 移動搬送機構

移動搬送機構

シーズコード S110006379
掲載日 2011年11月21日
研究者
  • 小森 雅晴
技術名称 移動搬送機構
技術概要 移動搬送機構は、ホイール回転中心軸20sを中心に回転自在に支持されるホイール部材20に、少なくとも1つの副車輪30が回転自在に支持されている。ホイール回転中心軸20sと同軸に回転自在に配置された第1及び第2の入力部材18a,18bと、第1及び第2の入力部材18a,18bの両方に係合し、自転可能、かつ、ホイール回転中心軸20sのまわりを公転可能である出力部材42とを含む、差動機構を備える。出力部材42は、ホイール部材20に固定された回転支持部材26に回転自在に支持され、少なくとも一つの副車輪30との間が回転伝達部材43,47,48,49,32で結合され、出力部材42の自転による回転が副車輪30に伝達される。ホイール部材20は、出力部材42の公転に伴って回転する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-018089.gif
研究分野
  • 機械工学一般
展開可能なシーズ 全方向移動可能な車輪を備えた移動搬送機構及びそれを用いた移動搬送装置を提供する。
移動搬送機構は、簡単な構成で、主車輪の回転駆動と副車輪の回転駆動とを行うことができ、また、様々な種類・サイズの駆動源を使用することができる。
用途利用分野 移動搬送装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人京都大学, . 小森 雅晴, . 移動搬送機構. 特開2009-179110. 2009-08-13
  • B60B  19/00     

PAGE TOP