TOP > 技術シーズ検索 > 生体親和性高分子材料およびその製造方法

生体親和性高分子材料およびその製造方法

シーズコード S110006479
掲載日 2011年11月22日
研究者
  • 星 徹
  • 澤口 孝志
技術名称 生体親和性高分子材料およびその製造方法
技術概要 ポリエチレンなどのポリオレフィン基質の非晶質部分に、ポリ酢酸ビニルなどのカルボン酸ビニルを構成単位とする重合体がナノメートルオーダーで分散した構造を有すると共に、リン脂質極性基を有する表面が構築され、リン脂質極性基は、表面近傍に存在する重合体のエステル基を加水分解して生じた水酸基を化学修飾することにより固定されていることを特徴とする生体親和性高分子材料である。また、超臨界二酸化炭素などの超臨界流体中で、ポリオレフィンに、カルボン酸ビニルを含浸させつつ、モノマーを重合させることにより高分子複合体を形成した後、高分子複合体の表面に、官能基を利用して生体親和性基(リン脂質極性基)を導入することにより、生体親和性表面を有する高分子材料の製造法である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-222997.GIF
研究分野
  • 高分子と低分子との反応
展開可能なシーズ 優れた機械特性を維持しつつ、生体親和性表面の構築が可能な新規生体親和性高分子材料およびその製造方法を提供する。
生体親和性高分子材料は、ポリオレフィンの優れた機械的特性を維持しつつ、生体親和性表面を有することから、医療用デバイスの材料として使用することが出来る。
用途利用分野 人工血管、カテーテル、医用素材
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人日本大学, . 星 徹, 澤口 孝志, . 生体親和性高分子材料およびその製造方法. 特開2010-059219. 2010-03-18
  • C08J   7/16     
  • A61L  33/00     

PAGE TOP