TOP > 技術シーズ検索 > 蛍光体の製造方法、非晶質赤色蛍光体

蛍光体の製造方法、非晶質赤色蛍光体

シーズコード S110006498
掲載日 2011年11月22日
研究者
  • 小嶋 芳行
技術名称 蛍光体の製造方法、非晶質赤色蛍光体
技術概要 溶液反応により得られた蛍光体前駆体を800~930℃で焼成し、一般式M1EuySiO2+x+1.5y(式中、M1は、Ca、Sr及びBaから選ばれる1以上の元素、0.6≦x+1.5y≦0.9)で表される非晶質赤色蛍光体である。蛍光体の製造方法において、溶液反応において、Si原料がメタケイ酸ナトリウム、水ガラスまたはアルコキシシランであり、Eu原料がEu(III)の塩またはアルコキシドであり、M1原料がM1元素の塩またはアルコキシドである。
研究分野
  • 無機化合物のルミネセンス
  • 一般及び無機化合物の蛍光・りん光(分子)
展開可能なシーズ 合成に特殊な装置を必要とせず、比較的低温で合成できる、近紫外から青色で励起すると赤色に発光する蛍光体およびその製造方法を提案する。
非晶質赤色蛍光体を800~930℃で合成できるので、特殊な装置を必要としない。また、蛍光体が非晶質であるため、CASNなどの結晶性蛍光体であれば濃度消光が発生するような付活剤の添加量であっても、濃度消光が起きない。
用途利用分野 蛍光体、LED、面発光体、照明体、掲示板
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人日本大学, . 小嶋 芳行, . 蛍光体の製造方法、非晶質赤色蛍光体. 特開2010-209210. 2010-09-24
  • C09K  11/08     
  • C09K  11/59     

PAGE TOP