TOP > 技術シーズ検索 > 視線入力装置、視線入力方法、及び、視線入力プログラム

視線入力装置、視線入力方法、及び、視線入力プログラム

シーズコード S110006544
掲載日 2011年11月25日
研究者
  • 新井 康平
  • 山浦 真
技術名称 視線入力装置、視線入力方法、及び、視線入力プログラム
技術概要 視線入力装置100は、視線入力装置本体110と、カメラ106と、ディスプレイ107と、スピーカー108とを備える。視線入力装置本体110は、CPU101と、RAM102と、ROM103と、HDD104と、CD-ROM120からデータを読み出すCD-ROMドライブ105と、ネットワークに接続するためのLANインターフェース109とを備える。視線入力装置100は、視線入力プログラムをHDD111に複製して、複製した視線入力プログラムがロード可能に構成する所謂インストールを行うことで構築することができ、コンピュータを制御するOSへ利用者が視線入力装置100の起動を命令することで、視線入力プログラムがロードされて起動する。視線入力装置本体110は、前処理部210と、瞬き検出処理部220と、視線検出処理部230と、表示制御処理部240と、画面表示処理部250とを備える。表示制御処理部240は、切替表示処理部241と、入力要素決定処理部242と、カーソル移動制御部243と、カーソル速度制御部244とを備える。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-222667_1.gif thum_2007-222667_2.gif
研究分野
  • 入出力装置
展開可能なシーズ 校正に必要な処理を減らすと共に、高い精度で視線入力処理を行うことができる視線入力装置、視線入力方法、及び、視線入力プログラムを提供する。
入力操作者の瞬きを検出するだけで表示画面に表示された入力要素を入力することができるため、入力操作者の眼球のみを認識できるように視線入力装置に登録しておけばよい。つまり、入力要素に応じた様々な角度の視線方向のテンプレートを複数用意する必要がなく、処理を簡単で効率的に行うことができる。また、操作環境の変化(例えば、部屋に入る自然光や入力操作者の移動)により瞬きの認識精度が低くなってしまった場合であっても、瞬き検出のみを校正すればよいため、短時間で簡単に校正を行うことができる。
用途利用分野 視線入力装置、視線入力プログラム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人佐賀大学, . 新井 康平, 山浦 真, . 視線入力装置、視線入力方法、及び、視線入力プログラム. 特開2009-054101. 2009-03-12
  • G06F   3/033    

PAGE TOP