TOP > 技術シーズ検索 > ネコブセンチュウによる植物病害を防御する方法

ネコブセンチュウによる植物病害を防御する方法

シーズコード S110006561
掲載日 2011年11月25日
研究者
  • 水久保 隆之
  • 津田 新哉
技術名称 ネコブセンチュウによる植物病害を防御する方法
技術概要 ネコブセンチュウは、植物に寄生し、植物細胞の原形質から栄養をとる害虫であって、様々な作物や雑草に寄生する。単独で植物を加害するばかりでなく、土壌病原菌と複合感染を引き起こす。本方法は、この植物病害を生物的に防除する方法を提供する。すなわち、植物または植物を栽培する土壌に非病原性の糸状菌を施用するか、あるいは、植物または植物を栽培する土壌に非病原性の糸状菌を施用する前に、弱毒植物ウイルスを植物に接種する方法、および、非病原性の糸状菌(非病原性フザリウム菌)を有効成分として含有する、ネコブセンチュウによる植物病害の防除剤である。例では、非病原性フザリウム菌によるサツマイモネコブセンチュウの防除について、トマトのポット栽培におけるフザリウム・オキシスポラムF13感染タイミングのネコブセンチュウに対する防除効果が、全根系の根こぶ数で示されている(図)。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-332395.GIF
研究分野
  • 生物的防除
  • 線虫による植物被害
展開可能なシーズ 生物的防除技術を用いた、ネコブセンチュウによる植物病害を防除する方法を提供する。
ネコブセンチュウによる植物病害を生物的に防除することができる。非病原性糸状菌の施用、ならびに弱毒植物ウイルスおよび非病原性糸状菌の施用は、従来から行われている化学的防除法と異なり、環境を汚染や人畜あるいは他の作物への影響が軽微であるため、生態系の調和を乱すことなく、また、土壌中に生息している有益な微生物に悪影響を与えることなく、安定かつ持続的に、ネコブセンチュウによる植物病害を防除し得る。
用途利用分野 ネコブセンチュウ防除非病原性糸状菌、ネコブセンチュウによる植物病害の防除剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 水久保 隆之, 津田 新哉, . ネコブセンチュウによる植物病害を防御する方法. 特開2009-155229. 2009-07-16
  • A01N  63/00     
  • A01P   5/00     

PAGE TOP