TOP > 技術シーズ検索 > 盲導犬に適した犬を選別する方法

盲導犬に適した犬を選別する方法

シーズコード S110006572
掲載日 2011年11月28日
研究者
  • 鈴木 宏志
  • 植田 佳子
技術名称 盲導犬に適した犬を選別する方法
技術概要 盲導犬として有益な遺伝的資質を備えたイヌを選別するための犬の選別方法であって、被検査イヌの個体のグルタミン酸トランスポーターGLT-1遺伝子の471番目の塩基の対立遺 伝子に存在する一塩基多型を調べ、対立遺伝子に存在する一塩基多型に基づいて盲導犬 に適した犬を選別することを含む、犬の選別方法である。471番目の塩基の遺伝子型がT/Tである被検査イヌの個体を盲導犬に適した犬であると判定し、471番目の塩基の対立遺伝子がTである被検査イヌの個体を盲導犬に適した犬であると判定することができる。被検査イヌの個体から前記一塩基多型を含むDNAを抽出し、抽出したDNAに含まれる対立遺伝子に存在する一塩基多型を調べる方法である。対立遺伝子に存在する一塩基多型は、一塩基多型を含む塩基配列の外側に結合する特異的な配列を有する一対のPCRプライマーとリアルタイムPCR機検出用の蛍光標識された対立遺伝子特異的な配列を有する2種類のプローブを用意し、PCR反応を行うことでリアルタイムPCRにより調べることができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-035628.gif
研究分野
  • 犬・猫
  • 遺伝学研究法
展開可能なシーズ 盲導犬の選抜に有効な方法を提供する。
盲導犬として有益な遺伝的資質を備えたイヌを選別するための犬の選別方法であって、被検査イヌの個体のグルタミン酸トランスポーターGLT-1遺伝子の471番目の塩基の対立遺伝子に存在する一塩基多型を調べ、対立遺伝子に存在する一塩基多型に基づいて盲導犬に適した犬を選別する。
用途利用分野 盲導犬、盲導犬選別技術、
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人帯広畜産大学, . 鈴木 宏志, 植田 佳子, . 盲導犬に適した犬を選別する方法. 特開2008-194016. 2008-08-28
  • C12Q   1/68     
  • C12N  15/09     

PAGE TOP