TOP > 技術シーズ検索 > リグノフェノール誘導体の分離精製方法

リグノフェノール誘導体の分離精製方法

シーズコード S110006585
掲載日 2011年11月28日
研究者
  • 舩岡 正光
  • 三亀 啓吾
技術名称 リグノフェノール誘導体の分離精製方法
技術概要 リグノフェノール誘導体の分離精製方法は、(1)リグノフェノール誘導体を含むフェノール誘導体溶液とアルカリ金属化合物とを接触し、不溶区分と親和層とに分画する工程と、(2)得られたフェノール誘導体溶液層をリグノフェノール誘導体の貧溶媒に加え、沈殿物を分離する工程と、を含む。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-269241.gif
研究分野
  • 天然有機化合物一般
展開可能なシーズ リグノフェノール誘導体の分離精製を効率的に行う方法を提供する。
このリグノフェノール誘導体の分離精製方法は、低沸点の有機溶媒を使用したリグノフェノール誘導体の精製を繰り返して行う必要がなく、また、リグニンをリグノフェノール誘導体に変換する過程で使用する酸や溶媒及びリグノフェノール誘導体フラグメント等の低分子化合物を精製の過程で効率的に除去することが可能である。
用途利用分野 リグノフェノール誘導体
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 舩岡 正光, 三亀 啓吾, . リグノフェノール誘導体の分離精製方法. 特開2010-095488. 2010-04-30
  • C07G   1/00     
  • C08H   7/00     
  • C08K   3/00     
  • C08L  97/02     

PAGE TOP