TOP > 技術シーズ検索 > ホモアリルエーテルの製造方法

ホモアリルエーテルの製造方法

シーズコード S110006595
掲載日 2011年11月29日
研究者
  • 小林 修
  • ウーベ シュナイダー
技術名称 ホモアリルエーテルの製造方法
技術概要 式(1)で表され、ホウ素を含むアリル化剤によってアセタールをアリル化するホモアリルエーテルの製造方法である。アセタールに対し1~50mol%のInOTfを触媒として用いる。式中、Rは水素原子、炭化水素基、クロロ基、アルコキシ基、又は置換基を有するシリル基;Rは水素原子又は脂肪族炭化水素基である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-058950.gif
研究分野
  • 有機化学反応一般
展開可能なシーズ アセタールのアリル化方法は数少なく、有毒性、腐食性、基質の制限性、触媒使用量などの点で様々な問題がある。そこで、1価のインジウムを触媒として用いてアセタールをアリル化するホモアリルエーテルの製造方法の提供を目的とする。
この製造方法によって得られる生成物としては、種々の二級又は三級ホモアリルエーテルが挙げられ、具体的には、1-(1-メトキシブテ-2-ニル)ベンゼン、1-アリル-1-メトキシシクロヘキサンを例示することができる。生成物は、抽出、カラムクロマトグラフィー、蒸留、再結晶等の一般的精製法を利用して回収することができる。
用途利用分野 ホモアリルエーテル類試薬
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 小林 修, ウーベ シュナイダー, . ホモアリルエーテルの製造方法. 特開2010-209031. 2010-09-24
  • C07C  41/30     
  • C07C  43/166    
  • C07D 333/16     
  • C07C  43/176    
  • C07C  67/343    
  • C07C  69/76     
  • C07C  43/205    
  • C07C  43/178    
  • C07C  43/15     
  • C07C  43/162    
  • C07C 201/12     
  • C07C 205/34     
  • C07B  61/00     

PAGE TOP