TOP > 技術シーズ検索 > 電気紡糸したキトサンおよびセルロース極細繊維

電気紡糸したキトサンおよびセルロース極細繊維

シーズコード S110006706
掲載日 2011年12月5日
研究者
  • 大川 浩作
  • 山本 浩之
技術名称 電気紡糸したキトサンおよびセルロース極細繊維
技術概要 多糖類のトリフロロ酢酸溶液の吐出し口とターゲットとの間に高電圧が印加され、高電圧の電場の引力により多糖類をターゲットに曳いて細化し、直径が40nm以上100nm以下である極細繊維である。また、極細繊維がセルロース又はキトサンであり、有機溶媒がトリフロロ酢酸であり、有機溶媒に揮発性有機化合物のジクロロメタン、クロロホルムが含まれている。さらに、細化後に、アルカリ処理されることを特徴とする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-156768.GIF
研究分野
  • 紡糸・製糸
展開可能なシーズ 高分子溶液の粘度低下を引き起こす事なく分子鎖の自由運動頻度を上げ、かつ、速やかに揮発する性質を有する溶媒を探求することで、天然多糖の有機酸溶液から直接ナノ繊維を得る。
極細繊維は、通気性、通湿性、および撥水性を制御するためのテキスタイルフィニッシング処理、強度向上のための複合繊維材料(樹脂等との複合化)、多糖分子の立体場を利用した分子不斉認識材料(分離基剤等の応用)、大比表面積とポーラスな性質を利用した触媒担体、生体適合性を利用した創傷被覆材および細胞培養基材として利用可能である。
用途利用分野 ナノ繊維、細胞培養基材、極細繊維、創傷被覆材、分離基剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人信州大学, . 大川 浩作, 山本 浩之, . キトサンの極細繊維及びその製造方法. 特開2008-308780. 2008-12-25
  • D01F   9/00     
  • D01D   5/04     
  • D04H   1/728    

PAGE TOP