TOP > 技術シーズ検索 > パラフォイルの飛行制御装置

パラフォイルの飛行制御装置

シーズコード S110006727
掲載日 2011年12月5日
研究者
  • 米本 浩一
  • 藤江 哲
  • 星野 元樹
  • 中村 智也
  • 押方 勇介
  • 加治 茂
技術名称 パラフォイルの飛行制御装置
技術概要 このパラフォイルの飛行制御装置は,パラフォイルが展開即ち開傘した時の衝撃荷重を受けるライザー,ライザーの引込み量を制御してパラフォイルの翼面を傾けるコントロールライン,衝撃荷重がコントロールラインに直接かからないようにパラフォイルの展開時には弛めておき且つコントロールラインが絡まらないように前後に張りを与えるばね,いずれか一方の片側前後のライザーの引込み量を調節するためのコントロールラインを巻き上げる制御用アクチュエータを備え,衝撃荷重がアクチュエータに直接負荷されないように構成してパラフォイルの翼面を傾けて旋回制御を行う。すなわち、パラフォイル1に設けたライザー3でパラフォイル1の展開時の衝撃荷重Wを受け,コントロールライン4をライザー3の途中に取り付け,ばね10で弛み状態のコントロールライン4が絡まないようにすると共に,コントロールライン4に衝撃荷重Wが直接かからないようにする。コントロールライン4をアクチュエータ7によって巻き上げ又は解放作動し,ライザー3を引込み又は解放してパラフォイル1の翼面2を傾けて飛行物体5を飛行制御する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-301071.gif
研究分野
  • 計器,誘導・制御装置一般
展開可能なシーズ 宇宙を周回するカプセル等の宇宙機や上空からの投下物等の飛行物体を目標地点に回収するために,パラフォイルを旋回制御(飛行制御)によって飛行物体を高精度に目標地に回収するパラフォイルの飛行制御装置を提供する。
安定した信頼性に富んだパラフォイルの飛行制御装置である。ライザーに負荷される衝撃荷重をコントロールラインの弛みによって避けることができ,アクチュエータに衝撃荷重がかからない。パラフォイルの展開時にかかる大きな衝撃荷重と飛行荷重をライザーで受け,次いで,コントロールラインでライザーを引くように構成したので,パラフォイルの翼面を傾ける旋回制御が可能になる。
用途利用分野 パラフォイルの飛行制御装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人九州工業大学, . 米本 浩一, 藤江 哲, 星野 元樹, 中村 智也, 押方 勇介, 加治 茂, . パラフォイルの飛行制御装置. 特開2008-114763. 2008-05-22
  • B64C  31/036    
  • B64C  13/00     

PAGE TOP