TOP > 技術シーズ検索 > 多発性嚢胞腎モデル小型魚類及びその利用

多発性嚢胞腎モデル小型魚類及びその利用

シーズコード S110006824
掲載日 2011年12月6日
研究者
  • 橋本 寿史
  • 若松 佑子
  • 望月 俊雄
  • 宮本 兼玄
技術名称 多発性嚢胞腎モデル小型魚類及びその利用
技術概要 ドミナントネガティブ効果を発現可能にPKD2遺伝子の変異遺伝子が導入されて得られる遺伝子組換え小型魚類である。これらの魚類を多発性嚢胞腎モデル小型魚類として用いることができる。このモデル小型魚類は、その表現型において、胎生致死でなく、成魚後多発性嚢胞腎を発症するとともにその魚令に伴い嚢胞は増加して、ヒトADPKDの同様の疾患の発症、進展経緯を示すことができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-198207.gif
研究分野
  • 泌尿器作用薬の基礎研究
展開可能なシーズ ヒトADPKDに有効な薬剤検討等に適切なモデル魚類を提供する。
ヒト多発性嚢胞腎の発症又は進展に関連する外部因子のスクリーニング方法は、モデル魚類にスクリーニング対象である外部因子を付与し、外部因子を付与したモデル魚類における多発性嚢胞腎の発症及び/又は進展に対する促進作用又は抑制作用を評価する、方法である。このスクリーニング方法によれば、ヒトADPKDの発症等に関連する外部因子を適切、簡易かつ迅速にスクリーニングすることができる。
用途利用分野 多発性嚢胞腎薬スクリーニング用モデル魚類、多発性嚢胞腎モデル小型魚類、
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人名古屋大学, . 橋本 寿史, 若松 佑子, 望月 俊雄, 宮本 兼玄, . 多発性嚢胞腎モデル小型魚類及びその利用. 特開2009-028017. 2009-02-12
  • A01K  67/027    
  • C12N  15/09     
  • G01N  33/15     
  • G01N  33/50     

PAGE TOP