TOP > 技術シーズ検索 > 中空シリカ粒子の調製方法

中空シリカ粒子の調製方法

シーズコード S110006839
掲載日 2011年12月7日
研究者
  • 藤 正督
  • 高橋 実
  • 遠藤健司
  • 渡辺秀夫
  • 韓 永生
  • 冨岡達也
  • 王 小偉
技術名称 中空シリカ粒子の調製方法
技術概要 一次粒子径約80nmの略立方体状の炭酸カルシウム粒子水分散液(8.9重量%)3.2gを15mlのエチルアルコールにより希釈し超音波照射によってよく分散させた。つづいて炭酸ナトリウム1.0moldm-3水溶液を1ml加え、さらにテトラ珪酸エチルを1ml添加し、20℃恒温水槽中で1時間振とうさせた。反応終了後、両親媒性フィルター(孔径0.1mm)を用い減圧ろ過を行った。続いて3N塩酸を1ml加えてコアの炭酸カルシウム粒子除去を行った。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-059504.GIF
研究分野
  • 吸着剤
展開可能なシーズ 臭気及び毒性のない反応プロセスを提供する。
アンモニア水溶液と比較して、炭酸ナトリウム水溶液は室温で安定であり、無臭である。蒸発する気体も二酸化炭素であり合成で発生する量ではアンモニアよりも人体に対して無害である。
用途利用分野 断熱塗料、低誘電材料、軽量フィラー、反射防止膜
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 名古屋工業大学, . 藤 正督, 高橋 実, 遠藤健司, 渡辺秀夫, 韓 永生, 冨岡達也, 王 小偉, . 中空シリカ粒子の調製方法. 特開2008-222459. 2008-09-25
  • C01B  33/18     

PAGE TOP