TOP > 技術シーズ検索 > 石膏ボードのリサイクル方法

石膏ボードのリサイクル方法

シーズコード S110006862
掲載日 2011年12月7日
研究者
  • 小嶋 芳行
技術名称 石膏ボードのリサイクル方法
技術概要 (二水セッコウから水酸化カルシウムの生成に及ぼすOH/2Caモル比の影響)25℃に保持した0.5~3mol/dmの水酸化カリウム水溶液100cmに水酸化カリウム由来の水酸化物イオンのモル数/2×カルシウムイオンのモル数の比、すなわちOH/2Caモル比が0~5になるように添加し、密閉した状態で1時間攪拌した後、得られた懸濁液をろ過した.得られた結晶は水洗後メタノールを用いて乾燥させた。生成物はX線回折、熱分析(TG-DTA)により同定を行った。結果を図に示す。図中の生成比は得られた結晶に占める各成分の割合(mol%)であり、黒丸は硫酸カルシウム二水和物、黒四角は水酸化カルシウム、白丸は炭酸カルシウムを表わす。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-326758.GIF
研究分野
  • 石膏,プラスタ
展開可能なシーズ 安価な材料を用いて簡便な手段で、石膏ボードの主成分である二水セッコウを他の物質に変換させる方法を提供する。
安価かつ簡便な操作で石膏ボード廃材等の二水セッコウから水酸化カルシウムが得られ、同時に硫酸カリウムも生成することから、大量に生じる石膏ボード廃材のリサイクルが可能となった。また、得られた硫酸カリウム水溶液は肥料として利用でき、水酸化カルシウムはそのまま利用できる他、二酸化硫黄の中和剤として用いることにより排煙脱硫セッコウ(二水セッコウ)の製造に利用できる。この排煙脱硫セッコウを再び石膏ボードの原料として用いることが可能となる。
用途利用分野 石膏ボードのリサイクル装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人日本大学, . 小嶋 芳行, . 石膏ボードのリサイクル方法. 特開2008-137863. 2008-06-19
  • C01F  11/08     
  • C01D   5/10     
  • C04B   2/02     
  • C04B  11/26     
  • B09B   3/00     

PAGE TOP