TOP > 技術シーズ検索 > 光学顕微鏡写真の色むら除去方法

光学顕微鏡写真の色むら除去方法

シーズコード S110006877
掲載日 2011年12月7日
研究者
  • 升田 博之
技術名称 光学顕微鏡写真の色むら除去方法
技術概要 この光学顕微鏡写真の色むら除去方法では、光学顕微鏡写真のカラー画像のR、G、Bの各成分画像について、画像全体の色の平均濃度値を求め、X方向の平坦化処理を行った後、Y方向の平坦化処理を行い、平坦化処理されたR、G、Bの各成分画像を元のR、G、Bの各成分画像と置き換えることにより色むらを除去する。X方向の平坦化処理は、X方向の各ラインごとに、濃度レベルが画像全体の色の平均濃度値に対して所定レベル以内の画素について色濃度の平均を求め、着目ラインの色の平均濃度値と画像全体の色の平均濃度値の差分を求め、着目ラインの各画素の色濃度に前記差分を加えることにより行う。Y方向の平坦化処理は、Y方向の各ラインごとに、濃度レベルが画像全体の色の平均濃度値に対して所定レベル以内の画素について色濃度の平均を求め、着目ラインの色の平均濃度値と画像全体の色の平均濃度値の差分を求め、着目ラインの各画素の色濃度に前記差分を加えることにより行う。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-264224.gif
研究分野
  • 光学的測定とその装置一般
  • 腐食
展開可能なシーズ 光学顕微鏡写真に発生する種々の色むらを除去し、高度な画像解析を可能とする光学顕微鏡写真の色むら除去方法を提供する。
研磨した金属面を撮像した場合のような光学顕微鏡写真に発生する種々の色むらを除去することができ、金属材料等の腐食や割れなどを観察する際に画像解析の精度を上げることが可能となる。
用途利用分野 カラーレーザ顕微鏡、金属顕微鏡、光学顕微鏡
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人物質・材料研究機構, . 升田 博之, . 光学顕微鏡写真の色むら除去方法. 特開2007-078864. 2007-03-29
  • G02B  21/36     
  • G02B  21/00     

PAGE TOP