TOP > 技術シーズ検索 > 植物における二次代謝物の産生を増大せしめる方法

植物における二次代謝物の産生を増大せしめる方法

シーズコード S110006908
掲載日 2011年12月8日
研究者
  • フォージア アフリーン
  • サイード エムディアクター ゾバイド
  • 古在 豊樹
技術名称 植物における二次代謝物の産生を増大せしめる方法
技術概要 Glycyrrhiza属の植物におけるグリチルリチン酸またはその誘導体の産生を増大せしめる方法であって、成苗期を経過した植物体に対して、600nm~700nmの波長の光を含む単色光または複色光の照射を行い、さらにUV-Bの照射でストレスを与えることにより産生量を増加させることができる。特にUV-Bの照射量が、全照射量として、2.5~7.5Wm-2であり、UV-Bの照射が、2日~20日の範囲で行われ、植物が、Glycyrrhiza uralensisである。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-191783.gif
研究分野
  • 薬用植物
展開可能なシーズ 植物における二次代謝物、グリチルリチン酸、の産生を増大せしめる方法を提供する。
成苗期を経過した植物体に対して、600nm~700nmの波長の光を含む単色光または複色光の照射を行い、さらにUV-Bの照射でストレスを与えることにより産生量を増加Glycyrrhiza属植物、とくにGlycyrrhiza uralensisの植物体内における、抗ウィルス活性等を有するグリチルリチン酸またはその誘導体の産生を顕著に増大させる。
用途利用分野 グリチルリチン酸、グリチルリチン酸製造技術、グリチルリチン産生植物
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人千葉大学, . フォージア アフリーン, サイード エムディアクター ゾバイド, 古在 豊樹, . 植物における二次代謝物の産生を増大せしめる方法. 特開2007-006778. 2007-01-18
  • A01G   7/00     

PAGE TOP