TOP > 技術シーズ検索 > 位相共役鏡

位相共役鏡

シーズコード S110006933
掲載日 2011年12月12日
研究者
  • 尾松 孝茂
技術名称 位相共役鏡
技術概要 位相共役鏡1は、レーザー増幅器2が増幅したレーザー光を反射すべく設けられている。この位相共役鏡1は、バナデート混晶を用いてなることを特徴の一つとする。バナデート混晶とは、希土類元素とバナジウムの複合酸化物からなる結晶が複数混在したものをいう。このバナデート混晶としては、特に限定されるわけではないが、例えばNd:YVO、Nd:GdVO、Nd:LuVO、及びNd:LaVOで示されるバナデート結晶群うちの少なくともいずれか二つを含有してなるものが該当する(「Nd:」は、Ndイオンがドープされていることを示す)。なお、必要である限りにおいて、これら光学系に他の必要な構成を追加することは当然に可能である。この位相共役鏡1は、バナデート混晶を利用することにより利得飽和効果を最大限利用し、サブピコ秒~フェムト秒に至る近赤外超短波パルス光に対する究極的な性能(高反射率、超広帯域、超高速応答、高光損傷閾値)を示すことができる。利得飽和効果とは、レーザー素子中で誘導放出を介して起こるレーザー利得の飽和が起源となる非線形光学効果である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-369037.GIF
研究分野
  • 非線形光学
展開可能なシーズ より高反射率、広帯域、高速応答、高光損傷閾値を示す位相共役鏡を提供する。
特に、超短波パルスレーザーの制御に好適に用いられる位相共役鏡が得られる。
用途利用分野 位相共役鏡、超短波パルスレーザー、バナデート混晶
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 千葉大学, . 尾松 孝茂, . 位相共役鏡. 特開2007-171552. 2007-07-05
  • G02F   1/355    

PAGE TOP