TOP > 技術シーズ検索 > 球状モリブデン金属粒子とその製造法

球状モリブデン金属粒子とその製造法

シーズコード S110006954
掲載日 2011年12月12日
研究者
  • 奥山 秀男
  • 宇田 雅広
  • 目 義雄
技術名称 球状モリブデン金属粒子とその製造法
技術概要 気相中の窒素ガスの形態が分子状態であるか原子状態であるかによってモリブデン金属中への窒素の溶解度が大きく異なることを利用して粒径の大きな球状のモリブデン金属粒子を製造する。図1はモリブデン金属を窒素雰囲気中で直流アークプラズマ溶解する時の図であり、窒素ガス3雰囲気中の水冷銅台4上に載置されたモリブデン金属に対して電極1からアーク放電することで発生した窒素プラズマ2により、溶融されたモリブデン金属5の表面からモリブデン金属粒子6が放出される。この溶融モリブデン金属5上に表示されている(A)は窒素が原子状に解離して接触している領域であり、(B)で表示されている部分は窒素が分子状のままで接触している領域である。図2は溶融モリブデン金属5からモリブデン金属粒子6が発生する機構を示す図であり、非プラズマ溶解(C)が行われている状態と直流窒素プラズマ溶解(D)が行われている状態の態様を比較して示した図でもある。図2には直流窒素プラズマ溶解(D)した場合のモリブデン金属粒子6が、非プラズマ溶解(C)により生成されたモリブデン金属粉末よりも大きなモリブデン金属粒子6として生成される態様を示す。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-348357.gif
研究分野
  • 粉末製造
  • 溶込,溶滴移行,溶融池
  • 非鉄金属材料
展開可能なシーズ 高融点金属であるモリブデン金属を用いて粒径が数10μm以上の大きなモリブデン金属粒子を製造する方法を提供する。
モリブデン金属を粒子化するために窒素ガス雰囲気または窒素ガスと不活性ガスとの混合ガス雰囲気の中でモリブデン金属塊に直流アーク溶解するだけの簡単な操作で粒径の大きな球状のモリブデン金属粒子を製造することができる。また、混合ガス中の窒素の割合を増加することによりさらに効率的に球状のモリブデン金属粒子を製造することができる。
用途利用分野 球状モリブデン金属粒子、直流アーク溶解装置、光学フィルター、触媒、磁気テープ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人物質・材料研究機構, . 奥山 秀男, 宇田 雅広, 目 義雄, . 球状モリブデン金属粒子の製造方法. 特開2007-154231. 2007-06-21
  • B22F   9/14     
  • B22F   1/00     

PAGE TOP