TOP > 技術シーズ検索 > 混紡型高分子ファイバーとその不織布並びにそれらの製造方法

混紡型高分子ファイバーとその不織布並びにそれらの製造方法

シーズコード S110006958
掲載日 2011年12月12日
研究者
  • 小林 尚俊
  • 五十嵐 聡
  • 田中 順三
技術名称 混紡型高分子ファイバーとその不織布並びにそれらの製造方法
技術概要 高分子溶液に電圧を印加し、高分子溶液のジェットを噴射して高分子ファイバーを形成させるエレクトロスピニング法により高分子ファイバー2を製造する方法において、複数種の高分子溶液の紡糸開始点Cが同一または近接するようにして、複数種の高分子溶液A,Bの各々を噴射することで、複数種の高分子成分が含有された単一のファイバー2を形成させる。また、高分子は、生体由来高分子および合成高分子のうちの少なくともいずれかであり、生体由来高分子は、コラーゲン、ゼラチン、フィブロネクチン、ラミニン、キチンおよびキトサンのうちの少なくともいずれかである。合成高分子は、ポリグリコール酸、ポリ乳酸、ポリ-ε-カプロラクトン、およびこれら共重合体のうちの少なくともいずれかである。高分子は、多糖分子もしくはその部分構造、オリゴペプチド、オリゴ糖、およびプロテオグリカンの少くともいずれかが結合可能とされる官能基を有している。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-008058.gif
研究分野
  • 紡糸・製糸
展開可能なシーズ 2種以上の高分子ファイバーを、簡便に混紡させることができ、血管新生、神経再生のための細胞接着、細胞増殖に適した足場材料として適用可能な、しかも多機能化をも可能な、新しい混紡型高分子ファイバーの製造方法を提供する。
任意の2種以上の高分子ファイバーの紡糸の瞬間にこれら高分子ファイバーを、簡便に混紡させることができる。これにより、一本のファイバーに複数種の高分子由来の多機能化や新規機能付加を実現することができる。具体的には、特に生体適合性や生体吸収性、あるいは、物理的強度等に優れる高分子ファイバーを製造することができる。
用途利用分野 混紡糸、不織布、足場材料、ナノファイバー、培養担体
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人物質・材料研究機構, . 小林 尚俊, 五十嵐 聡, 田中 順三, . 混紡型高分子ファイバーの製造方法及びその不織布の製造方法. 特開2007-186831. 2007-07-26
  • D01F   8/00     
  • D01F   4/00     
  • D01F   4/02     
  • D01F   9/00     
  • D01F   6/62     
  • D01F   6/50     
  • D04H   1/728    

PAGE TOP