TOP > 技術シーズ検索 > 距離推定装置

距離推定装置

シーズコード S110006968
掲載日 2011年12月12日
研究者
  • 木村 茂
  • 大橋 洋一
  • 石丸 光宏
  • 佐藤 史生
技術名称 距離推定装置
技術概要 距離推定装置は、距離を推定したい目標を含む画像の情報を取得するための画像情報取得部1101と、距離を推定したい目標に相当する実物の大きさの情報を含む形状モデルを保持するためのモデルデータ部1102と、画像情報取得部1101の画像とモデルデータ部1102の形状モデルとを表示するための表示部1103と、表示部1103に表示された画像情報取得部1101の画像と形状モデルとを操作員が操作するための操作部1104とを備えている。画像情報取得部1101は前記距離を推定したい目標を含む画像を撮像する撮像装置と撮像した画像情報を記憶(保持)しておく機能とを有している。モデルデータ部1102には、距離を推定したい目標の現実世界における少なくとも実物の大きさの情報を含む形状モデルが予め保持されている。例えば、詳細度(立方モデル、簡易モデル、詳細モデル等)及び種別(2次元、3次元、ワイヤーフレーム、サーフェース、ソリッドモデル等)の異なる多種多様な形状モデルが格納されている。操作部1104からは画像情報取得部1101及びモデルデータ部1102の操作情報101が出力される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-265271_1.gif thum_2005-265271_2.gif
研究分野
  • 図形・画像処理一般
展開可能なシーズ 距離を推定したい目標を含む画像の情報と、距離を推定したい目標に相当する実物の大きさの情報を含む形状モデルとを照合し、画像中の目標までの距離をパッシブに推定でき、秘匿性を保証できる距離推定装置を提供する。
電波等を発射する必要がないため、秘匿性に優れる。また、ステレオ視を利用する場合には少なくとも2台の撮像装置が必要となるが、1台の撮像装置から得られる目標を含む画像の情報とモデルデータ部に予め保持された目標に対応した形状モデル(実物の大きさの情報を含む)から、その画像に含まれる目標までの距離を推定することができる。
用途利用分野 距離推定装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 防衛装備庁長官, . 木村 茂, 大橋 洋一, 石丸 光宏, 佐藤 史生, . 距離推定装置. 特開2007-078454. 2007-03-29
  • G01C   3/06     
  • G06T   1/00     

PAGE TOP