TOP > 技術シーズ検索 > 稲わらの糖化法

稲わらの糖化法

シーズコード S110006993
掲載日 2011年12月13日
研究者
  • 徳安 健
  • 近藤 始彦
技術名称 稲わらの糖化法
技術概要 茎葉部に乾燥重量あたり5%以上のでん粉を含有する稲の植物体地上部を原料とする。植物体地上部は出穂期から成熟期の成熟した実を除いた地際部分を含む茎葉部である。植物体地上部を回収した後、24時間以内に、40~130℃で加熱処理あるいは乾燥処理を行うことにより、植物体細胞および植物体内や表面に生息する微生物のショ糖、グルコースおよびフラクトース資化活性を抑制する。これを粉砕した後、アミログルコシダーゼおよびβ-グルカン分解酵素を含む酵素液を用いて糖化処理する。酵素液は、セロビオハイドロラーゼおよびエンドグルカナーゼの両方の活性を有するもの、あるいは、ヘミセルロース分解酵素、β-グルコシダーゼ、およびα-アミラーゼのうちの少なくとも一つを含有するものである。β-グルカン分解酵素は、非晶質セルロース、結晶性セルロース、およびβ-(1→3),β-(1→4)-グルカンのうちの少なくとも一つを加水分解する活性を有するものである。図1は稲わら粉末の糖化処理におけるグルカン加水分解度の経時変化を示すものである。100℃処理物(黒四角)、未処理物(黒菱形)ともに4時間の反応で理論量の7割程度のグルコースを遊離する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-045766.GIF
研究分野
  • 固体の乾燥
  • 酵素の応用関連
展開可能なシーズ 稲の植物体地上部を原料とした場合に、強酸・強アルカリを用いた化学的前処理を行わずに、化学薬品の使用に伴うコストや環境負荷の問題のない、容易な操作のみで効率が顕著に高い糖化法を提供する。
稲の植物体地上部を原料として、化学薬品の使用に伴うコストや環境負荷の問題のなく、容易な操作のみで効率が顕著に高い糖化を行い、グルコースを生産する。稲の植物体地上部原料に含有される総グルカン量の50%以上を糖化することが可能である。低コスト・低環境負荷性の効率的なバイオマス糖化技術の開発に関するものであり、バイオエタノール製造技術の開発、バイオリファイナリー技術の開発に繋がることが期待される。特に、我が国のみならず世界中で喫緊の課題となっている、バイオエタノール生産技術開発に新機軸を提供するものとして、極めて重要性が高い、バイオマス糖化技術を提供することを可能とする。
用途利用分野 グルコース、マルトース、イソマルトース、セロビオース、オリゴ糖
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 徳安 健, 近藤 始彦, . 稲わらの糖化法. 特開2009-183264. 2009-08-20
  • C12P  19/14     
  • C12P  19/16     

PAGE TOP