TOP > 技術シーズ検索 > 高設栽培装置と、高設栽培装置における透湿防水シートの施工方法

高設栽培装置と、高設栽培装置における透湿防水シートの施工方法

シーズコード S110007099
掲載日 2011年12月14日
研究者
  • 山崎 敬亮
  • 熊倉 裕史
  • 浜本 浩
  • 岩本 辰弘
技術名称 高設栽培装置と、高設栽培装置における透湿防水シートの施工方法
技術概要 平行状態に設置した2本のシャフト2、2A間に不織布3aで培地3bを包み込んだ栽培槽3を支持し、栽培槽に苗4を定植して栽培する装置であり、栽培槽3の下部及び上部を覆うように2本のシャフト2、2A間に支持された透湿防水シート5と、栽培槽3の下部と透湿防水シート5との間の下部空間7に送風する送風パイプ13と、栽培槽3の上部と透湿防水シート5との間の上部空間8に潅水する潅水チューブ10とを備えた高設栽培装置1である。透湿防水シート5は、一方のシャフト2に一端を固定され、栽培槽3の下部から離間して下部空間7を形成した状態で栽培槽3を巻回して他方のシャフト2Aに固定され、さらに栽培槽3の上部から離間して上部空間8を形成した状態で栽培槽3を巻回して一方のシャフト2に他端が固定される。栽培槽3と、栽培槽3の上部を巻回する透湿防水シート5との間にスペーサ9が配置され、スペーサ9は、短尺のプラスチック製樋を短尺に切断して形成される。透湿防水シート5は、栽培槽3の下方に位置する部位に勾配が付けられ、潅水チューブ10で潅水された液体の余剰液を勾配を用いて回収し、再度潅水チューブ10で潅水する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-327663_1.GIF thum_2008-327663_2.GIF
研究分野
  • 作物栽培施設
展開可能なシーズ 構成が簡単であり、施工が容易で作業性に優れており、初期コストを低減できる高設栽培装置を提供する。また、耐久性に優れており、イチゴの生育をより詳細に制御できる高設栽培装置を提供する。さらに、透湿防水シートの施工が容易な高設栽培装置における透湿防水シートの施工方法を提供する
装置の構成が簡単であり、装置の施工が容易に行えるため初期コストを低減でき、イチゴ等の作物の栽培の作業性に優れており、耐久性にも優れた高設栽培装置を提供することができる。また、苗の生育を容易に制御することができ、苗の良好な生育が可能な高設栽培装置を提供できる。さらに、高設栽培装置における透湿防水シートの施工が容易となる。この高設栽培装置を用いて、イチゴ以外の作物、例えば栽培槽を地上から隔離して栽培することの多いトマトなどの果采類、またはホウレンソウ、リーフレタス等の葉采類の栽培ができ、人が立ち姿で作物の収穫作業を容易に行うことができる。
用途利用分野 いちご栽培装置、果采類栽培装置、葉采類栽培装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 山崎 敬亮, 熊倉 裕史, 浜本 浩, 岩本 辰弘, . 高設栽培装置と、高設栽培装置における透湿防水シートの施工方法. 特開2010-148376. 2010-07-08
  • A01G   9/02     
  • A01G   1/00     
  • A01G   7/00     

PAGE TOP