TOP > 技術シーズ検索 > 一対の非円形歯車の輪郭形状を生成する方法、プログラム及び装置

一対の非円形歯車の輪郭形状を生成する方法、プログラム及び装置

シーズコード S110007136
掲載日 2011年12月20日
研究者
  • 岡田 昌樹
技術名称 一対の非円形歯車の輪郭形状を生成する方法、プログラム及び装置
技術概要 所望される歯車の運動が得られ、且つピッチ曲線半径30の平均値が設定された中心間距離の半分に等しくなるように、設定歯数の分だけ第1の歯車のためのピッチ曲線半径30を設定しS106、中心間距離から設定ピッチ曲線半径30をそれぞれ引いた値を逆の順序で第2の歯車のためのピッチ曲線半径30として設定しS110、第1の歯車及び第2の歯車について、歯車の回転中心周りに回転中心からピッチ曲線半径30だけ離れた位置にそれぞれ頂点が配置され且つ隣接する頂点を結ぶ辺の長さが全て等しくなるようにピッチ多角形32,34をそれぞれ生成しS112、第1及び第2の歯車について、生成されたピッチ多角形32,34の各頂点に凸歯36又は凹歯38が配置S116・S118されるように歯車の輪郭形状40,42を生成する方法を特徴とする非円形歯車を生成する方法、プログラム及び装置である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-297222_1.gif thum_2008-297222_2.gif
研究分野
  • 歯車,歯車装置
  • CAD,CAM
展開可能なシーズ 自由なピッチ曲線に対応した一対の非円形歯車の輪郭形状を簡単且つ精度よく生成する方法、プログラム及び装置を提供する。
一対の歯車のそれぞれについて回転中心周りに回転中心から設定されたピッチ曲線半径だけ離れた位置にそれぞれ頂点が配置され且つ隣接する頂点を結ぶ辺長が全て等しくなるようにピッチ多角形を生成することができる。このピッチ多角形の各頂点に凸歯又は凹歯を配置し、自由なピッチ曲線に対応し且つ同じ大きさの歯を有した精度の良い一対の非円形歯車の輪郭形状を容易に生成することができる。非円形歯車の輪郭形状を数値データとして得ることが可能になるので、歯車機構の運動解析及び歯車精度の評価を安価なコンピュータ上で行うことが可能になり、非円形歯車を汎用の数値制御工作機械で作製できるようになり、簡単且つ低コストで非円形歯車を作製できる。
用途利用分野 非円形歯車、歯車輪郭形状生成装置、プレス加工機、攪拌機、農林水産業機械
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人国立高等専門学校機構, . 岡田 昌樹, . 一対の非円形歯車の輪郭形状を生成する方法、プログラム及び装置. 特開2010-121739. 2010-06-03
  • F16H  55/08     
  • F16H  55/17     
  • F16H   1/06     
  • G06F  17/50     

PAGE TOP