TOP > 技術シーズ検索 > 農業用植物の熱ショック処理装置

農業用植物の熱ショック処理装置

シーズコード S110007143
掲載日 2011年12月20日
研究者
  • 佐藤 達雄
技術名称 農業用植物の熱ショック処理装置
技術概要 内部に圃場に生育し熱ショックを付与する植物を外部から覆うカバーと、該カバーの内部に所定の温度に温度制御された湯を熱い霧滴として噴霧する噴霧手段とから成り、該カバーの内部の植物に熱い霧滴を付着させることにより熱ショックを効果的に植物に付与することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-074812.gif
研究分野
  • 植物の栽培一般
展開可能なシーズ 生育しつつある植物に周辺温度環境の影響を受けずエネルギーロスの少ない熱ショック処理装置を提供する。
熱ショック処理装置は、圃場に生育する植物に対するカバーとこのカバー内部で霧滴が浮遊するように温湯を噴霧する噴霧手段を設けたので、周辺温度環境の影響を受けずエネルギーロスの少ない熱ショック処理装置であり、植物に熱ショックを与えることにより植物の抗生耐性向上を図ることができる。
用途利用分野 植物熱ショック処理装置、植物熱ショック処理技術、
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人茨城大学, . 佐藤 達雄, . 農業用植物の熱ショック処理装置及び熱ショック処理方法. 特開2009-225715. 2009-10-08
  • A01G   7/00     

PAGE TOP