TOP > 技術シーズ検索 > モーフィング楽曲生成装置及びモーフィング楽曲生成用プログラム

モーフィング楽曲生成装置及びモーフィング楽曲生成用プログラム

シーズコード S110007231
掲載日 2011年12月21日
研究者
  • 浜中 雅俊
技術名称 モーフィング楽曲生成装置及びモーフィング楽曲生成用プログラム
技術概要 第1の中間タイムスパン木データ生成部6で1以上の非共通部分を第1のタイムスパン木データから選択的に除去することは、第1の中間タイムスパン木を第1のタイムスパン木データから共通タイムスパン木に近づけること、すなわち第1の楽曲の影響を弱めることを意味する。逆に第1の中間タイムスパン木データ生成部6で非共通部分を共通タイムスパン木に追加することは第1の中間タイムスパン木を第1のタイムスパン木データに近づけること、即ち第1の楽曲の影響を強めることを意味する。第2の中間タイムスパン木データ生成部7においても、第2の中間タイムスパン木即ち第2の楽曲の影響について同様のことが行われる。したがって除去される非共通部分の数、または追加される非共通部分の数が変更されることにより、第1の中間タイムスパン木データと第2の中間タイムスパン木データを統合して得られる統合タイムスパン木データにより定まるモーフィング楽曲における第1の楽曲の影響の程度と第2の楽曲の影響の程度が変更される。その結果、第1の楽曲の影響の程度と第2の楽曲の影響の程度が変更されたモーフィング楽曲を簡単に得ることができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-025374.GIF
研究分野
  • パターン認識
展開可能なシーズ 音楽知識が乏しいユーザであっても二つの異なる楽曲の中間的なモーフィング楽曲を簡単に生成することができるモーフィング楽曲生成装置及びモーフィング楽曲生成用プログラムを提供する。また、音楽知識が乏しいユーザを支援し、旋律、リズム、和声といった高次の音楽的構造を適切に操作してモーフィング楽曲を生成できるモーフィング楽曲生成装置及びモーフィング楽曲生成用プログラムを提供する。
特別な音楽知識を持たないユーザでも、第1及び第2の中間タイムスパン木データ生成部における、非共通部分の選択的な除去と追加が適宜に実施されることにより、第1の楽曲と第2の楽曲の中間的な楽曲を得ることができる。入力をモノフォニーに限定せず、入力が和音を含むポリフォニーの場合にも適用することが可能である。
用途利用分野 モーフィング楽曲生成装置、モーフィング楽曲生成用プログラム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 浜中 雅俊, . モーフィング楽曲生成装置及びモーフィング楽曲生成用プログラム. 特開2009-186671. 2009-08-20
  • G10H   1/00     

PAGE TOP