TOP > 技術シーズ検索 > 位置決め装置及び位置決め方法

位置決め装置及び位置決め方法

シーズコード S110007401
掲載日 2011年12月27日
研究者
  • 大岩 孝彰
技術名称 位置決め装置及び位置決め方法
技術概要 位置決め装置10は、ワーク等を機台12に対し所定の軌道に沿って案内するための案内機構としてのリニアガイド14と、リニアガイド14によって機台12に対し変位可能に支持されワーク等を載置するための位置決めテーブル16と、位置決めテーブル16に駆動力及び制動力を付与するサーボ機構18と、リニアガイド14を構成する転動体20に高周波振動を付加するための加振装置22と、サーボ機構18及び高周波振動付加装置22を制御するための制御装置24とを主要構成要素として構成されている。リニアガイド14は、機台12上に固定された案内体としてのガイドレール26を備えている。ガイドレール26は、所定方向に長手の直線状を成している。また、リニアガイド14に対しリニアガイド14の長手方向に移動可能に支持された被案内体としてのガイドブロック28を備えている。ガイドブロック28は、ガイドレール26の長手方向に離間して複数設けられており、位置決めテーブル16は、2つのガイドブロック28のそれぞれに固定されている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-274378.gif
研究分野
  • 工作一般
  • 音響応用
展開可能なシーズ 被案内体の案内体に対する位置決め精度を改良した位置決め装置、及び位置決め方法を提供する。
被案内体の案内体に対する位置決め精度を向上することができ、被案内体の案内体に対する位置決めを高速、短時間でできる。移動速度をパラメータにするので、転動体と被案内体又は案内体とが直接的に接触することによる静止摩擦の増大を確実に生じさせることができる。
用途利用分野 位置決め装置、高周波振動付加装置、工作機械、制御装置、軸受
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人静岡大学, . 大岩 孝彰, . 位置決め装置及び位置決め方法. 特開2008-095707. 2008-04-24
  • F16C  29/06     
  • G05D   3/12     
  • G05D   3/00     
  • B23Q   1/28     
  • B23Q   1/40     

PAGE TOP