TOP > 技術シーズ検索 > 有機-無機ハイブリッド高分子組成物とその膜の製造方法

有機-無機ハイブリッド高分子組成物とその膜の製造方法

シーズコード S110007419
掲載日 2011年12月27日
研究者
  • 金 済徳
技術名称 有機-無機ハイブリッド高分子組成物とその膜の製造方法
技術概要 無機分子としてジルコニアを、有機分子としてテトラメチレングリコール、オクタメチレングリコール、ヘキサデカンジオール等の炭化水素基含有ジオールを選び、これらを反応させてジルコニウムアルコキシドを合成する場合、2個の酸素原子間に4個以上の炭素原子を有する炭化水素基含有ジオール(すなわち長鎖炭化水素基を有するジオール化合物)を使用することにより優れた耐熱性・耐酸性を有する有機‐無機ハイブリッド高分子組成物と自己支持性膜を得ることができることを見出した。すなわち、無機材料と炭化水素からなる有機‐無機ハイブリッド高分子組成物であって、2個の酸素原子間に長鎖炭化水素基を有するジオール化合物とジルコニウムアルコキシドとによりネットワーク構造を有することを特徴とするものである。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-021879.gif
研究分野
  • セラミック・磁器の性質
展開可能なシーズ 耐熱性、耐酸化性を共に有する有機‐無機ハイブリッド高分子組成物と、この組成物の自己支持性を有する膜の製造方法を提供する。
本発明のジルコニア‐炭化水素ハイブリッド膜は耐熱性、耐酸性、柔軟性及び機械特性に優れた新規な膜である。これらの優れた特性は、自己集合的ジルコニア‐炭化水素ハイブリッド膜の複合マトリックスに因っていると考えられる。これらは、光学的、電気化学的デバイス、建築技術及びバイオ適合材の分野で各種コーティング材又は柔軟剤としての応用が期待できる。特に酸を扱う容器や反応容器等の化学機器類のライニング材として機能しうるものと期待される。
用途利用分野 コーティング材、柔軟剤、酸を扱う化学機器や反応器類のライニング材
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人物質・材料研究機構, . 金 済徳, . 有機-無機ハイブリッド高分子組成物とその膜の製造方法. 特開2007-231258. 2007-09-13
  • C08G  79/00     
  • C08J   5/18     

PAGE TOP