TOP > 技術シーズ検索 > 起立及び移動動作支援装置、起立及び移動動作支援プログラム、並びに起立及び移動動作支援方法

起立及び移動動作支援装置、起立及び移動動作支援プログラム、並びに起立及び移動動作支援方法

シーズコード S110007426
掲載日 2011年12月27日
研究者
  • 新田 收
  • 山口 亨
  • 藤本 泰成
  • 中村 篤弘
技術名称 起立及び移動動作支援装置、起立及び移動動作支援プログラム、並びに起立及び移動動作支援方法
技術概要 起立及び移動動作支援装置は、筐体と筐体に対するユーザの上半身及び下半身の位置と向きを検出する相対位置検出部と、位置及び向きから、筐体に対するユーザの姿勢を解析する姿勢評価部と、筐体に配されて把持される被把持部と、被把持部の把持力を検出する把持検出部と、被把持部の把持状態を把持力から解析する把持状態算出部と、姿勢と把持状態に基づき、ユーザの状況を判別する状況判別部と、状況に合わせて筐体の水平移動方向と水平移動速度を算出する移動制御部と、水平移動方向と水平移動速度に基づき筐体を移動させる移動部とを備える。また、この装置は、移動制御部がユーザの意図に基づき筐体の水平移動方向と水平移動速度を算出する。起立及び移動動作支援プログラムは、ユーザ状況を判別する状態判別部、状況に基づき、筐体の水平移動方向と水平移動速度を算出する移動制御部として機能させる。さらに、起立及び移動動作支援方法は、ユーザ状況を判別する評価ステップと、状況に合わせて筐体の水平移動方向と水平移動速度を算出する移動指示ステップと、水平移動方向と水平移動速度にて筐体を移動させる移動ステップとを備えることを特徴とする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-306914.GIF
研究分野
  • 医療用機器装置
展開可能なシーズ ユーザの筋力が弱くても着座状態から起立状態、起立状態から歩行状態へのそれぞれスムーズな移行を支援でき、かつユーザの運動能力の低下を抑制できる起立及び移動動作支援装置、起立及び移動動作支援プログラム、並びに起立及び移動動作支援方法を提供する。
ユーザの筋力が弱くても着座状態から起立状態、起立状態から歩行状態へのそれぞれスムーズな移行を支援でき、かつユーザの運動能力の低下を抑制できる。
用途利用分野 医療用機器、起立及び移動動作支援装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公立大学法人首都大学東京, . 新田 收, 山口 亨, 藤本 泰成, 中村 篤弘, . 起立及び移動動作支援装置、起立及び移動動作支援プログラム、並びに起立及び移動動作支援方法. 特開2010-125296. 2010-06-10
  • A61H   3/00     

PAGE TOP