TOP > 技術シーズ検索 > 耐熱性・高強度エポキシ樹脂

耐熱性・高強度エポキシ樹脂

シーズコード S110007492
掲載日 2011年12月28日
研究者
  • 阿久津 文彦
  • 吉岡 英哉
  • 宮下 直樹
  • 猪木 真理
技術名称 耐熱性・高強度エポキシ樹脂
技術概要 (1)エポキシ樹脂(A)と芳香族アミン系硬化剤(B)をエポキシ基とアミノ基をモル比2:1で配合したエポキシ樹脂組成物。(2)芳香族アミン系硬化剤(B)がポリアミノフェニルキノキサリンを1~100モル%含有している(1)のエポキシ樹脂組成物。(3)前記ポリアミノフェニルキノキサリンが、6-アミノ-2、3-ビス(p-アミノフェニル)キノキサリン、6-アミノ-2、3-ビス(m-アミノフェニル)キノキサリンまたは6-アミノ-2、3-ビス(アミノフェニル)キノキサリンであることを特徴とする(2)のエポキシ樹脂組成物。(4)(1)~(3)のエポキシ樹脂組成物を硬化したエポキシ樹脂硬化物に関する。エポキシ樹脂硬化物は、ポリアミノフェニルキノキサリンまたはポリアミノフェニルキノキサリンを含有する芳香族ポリアミンを硬化剤としエポキシ樹脂を硬化した硬化物であって、樹脂中に、式に示す、3置換キノキサリン構造を有することを特徴とする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-148422.GIF
研究分野
  • エポキシ樹脂
  • 各種接着剤
展開可能なシーズ 高い耐熱性またはおよび接着強度を示すエポキシ樹脂硬化物を提供する。
複素環を含み3置換構造を有しているため架橋密度が高くなり、高い熱変形温度およびまたは高い接着強度を達成することが出来る。
用途利用分野 ビスフェノールAジグリシジルエーテル硬化物、接着剤、航空機、宇宙機器、自動車、スポーツ用品、レジャー用品
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人千葉大学, . 阿久津 文彦, 吉岡 英哉, 宮下 直樹, 猪木 真理, . 耐熱性・高強度エポキシ樹脂. 特開2005-298788. 2005-10-27
  • C08G  59/50     

PAGE TOP