TOP > 技術シーズ検索 > 小麦の品種識別法

小麦の品種識別法

シーズコード S110007549
掲載日 2011年12月28日
研究者
  • 藤田 由美子
  • 矢野 博
技術名称 小麦の品種識別法
技術概要 この小麦の品種識別法は、(a)被検体である小麦試料からDNAを抽出する工程、(b)小麦DNA上の品種間で異なるSSR領域を特異的に増幅するように設計された小麦品種識別用プライマー対のうち1組を用いて、(a)で抽出したDNAを鋳型としたPCRを行い、DNAを増幅する工程、および、(c)(b)で得られた増幅DNAの長さ解析により、品種間の多型を検出する工程を含む。この品種識別プライマーを用いて、小麦DNAを鋳型としたPCRを行うと、鋳型DNAに相補的に結合したフォワードプライマーとリバースプライマーに挟まれた反復配列が増幅され、場合によっては品種間でサイズの異なる増幅DNAが生成される。ここで生成された増幅DNAを、例えば直接電気泳動により分画し、泳動パターンを確認することによって品種を識別することが可能となる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-080928.GIF
研究分野
  • 穀類とその製品一般
  • 遺伝子の構造と化学
展開可能なシーズ 国内で市場流通する外国品種を含む主要な小麦品種を網羅し、かつ、栽培環境等に影響されず再現性の高い小麦の品種識別法を確立すること。
対象品種として国内で市場流通する外国品種を含む主要な小麦品種を網羅した、正確、迅速かつ簡便な小麦の品種識別法が提供される。これにより、小麦の原々種や原種生産での混種や、市場流通過程での原料品種取り違えを確認できる。
用途利用分野 小麦、品種識別システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 藤田 由美子, 矢野 博, . 小麦の品種識別法. 特開2008-237078. 2008-10-09
  • C12Q   1/68     
  • C12N  15/09     

PAGE TOP