TOP > 技術シーズ検索 > 文章評価装置及び文章評価プログラム

文章評価装置及び文章評価プログラム

シーズコード S120007617
掲載日 2012年1月4日
研究者
  • アントニ ローレンス
  • 林 規生
  • 曽根 一男
  • 山梨 俊夫
  • 前田 かおり
  • 山岸 康子
  • 椿本 弥生
技術名称 文章評価装置及び文章評価プログラム
技術概要 英作文学習システム10は、問題文がサーバ14から利用者の各端末11に配信され、利用者により作成された英語の解答文が端末11からサーバ14側に送信されると、サーバ14で、解答文の採点、添削並びに学習レベルの判定等がコンピュータにより自動的に行われ、これら結果が利用者の端末11に送信される。サーバ14は、端末11に対して各種情報の送受信を行う送受信部16と、多数の問題文が記憶された問題文データベース17と、問題文データベース17の各問題文に対して正解となる英文の正解文が記憶された正解文データベース18と、所定の単語が各活用形及び品詞の種類とともに記憶された辞書データベース19と、送受信部16から端末11に送信される任意の問題文を問題文データベース17から抽出する出題部20と、送受信部16で受信した利用者の解答文に対して各種の採点処理をする採点部21と、採点部21で採点された結果を記憶、集計し、正解文等の関連情報を採点結果とともに送受信部16から端末11に送信する採点結果処理部22とを備えている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-521230.gif
研究分野
  • 自然語処理
展開可能なシーズ 原文となる問題文に対して所定言語で翻訳された解答文の評価を実情に沿って客観的に行うことができる文章評価装置及び文章評価プログラムを提供する。
正解文と解答文との間で、同一位置における単語の同一性の判断以外の要素を含めた多様な評価がなされることになり、解答文の評価を実情に沿って客観的に行うことができる。
用途利用分野 文章評価装置、文章評価プログラム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人早稲田大学, 株式会社EduLab, . アントニ ローレンス, 林 規生, 曽根 一男, 山梨 俊夫, 前田 かおり, 山岸 康子, 椿本 弥生, . 文章評価装置及び文章評価プログラム. . 2009-01-08
  • G09B  19/00     
  • G09B  19/06     
  • G09B   7/02     

PAGE TOP