TOP > 技術シーズ検索 > シーケンシャル・コンテンツ配信装置、シーケンシャル・コンテンツ受信装置及びその方法

シーケンシャル・コンテンツ配信装置、シーケンシャル・コンテンツ受信装置及びその方法

シーズコード S120007629
掲載日 2012年1月4日
研究者
  • 曽根原 登
  • 釜江 尚彦
  • 小池 真由美
技術名称 シーケンシャル・コンテンツ配信装置、シーケンシャル・コンテンツ受信装置及びその方法
技術概要 シーケンシャル・コンテンツ配信システムは、シーケンシャル配信サーバ1、シーケンシャル受信装置2を具備する。シーケンシャル配信サーバ1は、配信対象のコンテンツを格納する外部記憶装置3を具備する。シーケンシャル配信サーバ1と、シーケンシャル受信装置2とは、例えばインターネットなどの通信回線4を介して、ネットワークに接続される。ネットワークにはさらに、シーケンシャル受信装置2に対して、コンテンツ購入を許可するライセンス・サーバ6が接続されてよい。シーケンシャル配信サーバ1は、シーケンシャル受信装置2からの配信要求を受け付けて、外部記憶装置3に蓄積・格納されているコンテンツの断片或いは部分を、シーケンシャル受信装置2に対してシーケンシャルに配信する。外部記憶装置3において、配信対象であるコンテンツは、複数の断片或いは部分に分割され、ランダムに非順序化されて記憶される。一方、シーケンシャル受信装置2は、シーケンシャルに配信されたコンテンツの断片或いは部分を結合してシーケンシャル再生することで、利用者によるコンテンツの視聴再生を可能とする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-103185.gif
研究分野
  • 計算機利用技術
展開可能なシーズ 不正な利用者によるコンテンツの正常な受信及び視聴再生を著しく困難化し、正規の利用者のみにコンテンツの正常な視聴再生をさせることのできるコンテンツの配信及び受信、再生を、配信サーバ及び受信装置のいずれへも高負荷を課すことなく簡便に実現することのできる、シーケンシャル・コンテンツ配信装置、シーケンシャル・コンテンツ配信要求装置及びその方法を提供する。
予めサンプルコンテンツの制作、記憶を要することなく、コンテンツの試視聴における利便性が向上し、サンプルコンテンツ制作に係る負担が軽減される。
用途利用分野 シーケンシャル・コンテンツ配信装置、シーケンシャル・コンテンツ受信装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 大学共同利用機関法人情報・システム研究機構, . 曽根原 登, 釜江 尚彦, 小池 真由美, . シーケンシャル・コンテンツ配信装置、シーケンシャル・コンテンツ受信装置及びその方法. 特開2006-285533. 2006-10-19
  • G06F  13/00     

PAGE TOP